上司と部下のコミュニケーションに使える“アート”で観察力を鍛える技法

<情報工場 「読学」のススメ#20>『観察力を磨く 名画読解』(エイミー・E・ハーマン 著)

**細かいことが気になる「わるいクセ」を身につける  「細かいことが気になるのが僕のわるいクセ」とは、ご存じテレビ朝日系列の人気ドラマ『相棒』の主人公・杉下右京のお決まりのセリフだ。警視庁特命係の警部である彼は、事件現場に残された、誰も気づかないような些細な証拠に目をつけたり、関係者への聞き込みでどうでもいいような事実を確かめたりする。その後に怪訝な顔をする相手や周囲の人に対して言うのが、冒頭のセリフだ。たいていの回では、この「わるいクセ」が功を奏し、事件解決に結びつくことになる。  米国では、この「わるいクセ」を身につけるためのセミナーが好評のようだ。そこで用いられる「知覚の技法」と名づけられたメソッドは、絵画、写真、彫刻などの「アート」を「見る」ことで観察力、分析力、洞察力、伝達力などを磨くというものだ。セミナーは、FBIやCIA、ニューヨーク市警、米軍、さまざまな業種の大手企業で行われている。『観察力を磨く 名画読解』(早川書房)は、その技法の開発者でありセミナーの講師を務める、美術史家で弁護士のエイミー・E・ハーマンさんが自ら具体的方法と効果について解説している。  「知覚の技法」の具体的方法は、いたってシンプルだ。一点のアート作品を見て、そこに何が表現されているかを見つけていく。絵画であれば何が描かれているか、写真なら何が写っているか、彫刻であれば何を作ろうとしたのか。時間をかけて細部まで観察し、発見したことを書き出したり、話し合ったりする。この最初の段階では、作品のタイトルや作者、製作時期などは伏せられる。  そして、観察して見つけたことからわかる「事実」を挙げていく。本書で例として紹介されているケースでは、ある絵画に描かれている二人の人物の関係性を、服装や髪型、表情・視線、しぐさ、人物間の距離、立っているか座っているか、などから探っていく。このあたりはきっと推理ドラマに匹敵する面白さがあるのだろう。  アートを使うメリットは、まず「答え合わせ」が簡単にできることだという。先の例の二人の人物の関係性でいえば、絵画のタイトルを見れば答えがすぐにわかる。ヨハネス・フェルメールの『婦人と召使』だからだ。街角の人物観察では、こうはいかない。通行人を呼び止めたり、喫茶店でコーヒーを飲んでいる人に話しかけるのには抵抗のある人が大半だろう。  ある程度歴史があり、世に知られているアート作品であれば、さまざまな資料やこれまでの鑑賞者、批評家たちの評価や発見を知ることもできる。アートに限らず物事には、10人いれば10通りの「見方」がある。そうした複数の視点を知ることで、よりいっそう観察力に磨きをかけられる。 <次のページ、主観を極力排して物事を捉え伝達するスキルが重要>  「知覚の技法」の最大のコツは「主観を入れない」ことなのだろう。自分の目に見えるものだけをそのまま捉える。たとえば絵画でも写真でもいいが、次のように描写したとする。 「孤独な女性がコーヒーショップで大理石のテーブルについている」 この一文が「主観だらけ」なのがお分かりいただけるだろうか。  まず、女性はいいとして(厳密にいえば見た目だけで性別はわからないのだが)、彼女が「孤独」かどうかはわからない。場所も、たとえ彼女がコーヒーカップを手にしていたとしても、コーヒーショップかどうかはわからない。テーブルが大理石かどうかも絵や写真からは判断できない。できる限り主観を排して描写するなら、次のようになる。 「口を閉じて視線を落とした女性が、カップを手にして、天板が白いテーブルに向かって座っている」  「知覚の技法」には、観察して分析・推理するだけでなく、それを他者に伝えるメソッドも含まれている。「伝言ゲーム」を思い出してほしい。伝言ゲームでアンカーにまったく違う情報が伝わってしまうのは、たいてい途中の人たちが説明に主観を入れるからだ。さらに言えば、そもそも最初の人が主観を入れてしまえば、それが間違っていたとすると正しい情報が伝わりようがない。  ビジネスの伝達・報告でも、伝える方はできるだけ主観を入れないのが望ましい。入れるとしても、しっかりと客観的事実と区別して伝えるべきだ。主観を入れるのは最終的に判断する人間だけにするべきなのだ。客観的に物事を捉え、細部にまで目を配ることができ、しかもそれを正確に伝えられれば、多くの人から信頼されるはずだ。  「知覚の技法」は一人で行うよりも、セミナーなどで複数の人とディスカッションしながら実践するのが望ましい。たくさんの観察者がいれば、視点の数、気づく点も多くなるし、話し合うことで新たな発見が生まれやすいからだ。  複数の視点を取り入れるという意味では、究極的には「目の見えない人」の「見方」も学んでみるのはどうだろう。伊藤亜紗著『目の見えない人は世界をどう見えているのか』(光文社新書)には、目の見えない人が視覚以外を頼りに、物事をどのように“見て”いるかが説明されている。目の見えない人は、一つの「視点」から見ることをしないために、モノを三次元と認識する、といった興味深い知見が得られる。  さらに、絵画に何が描かれているかを、目の見えない人に説明するつもりになれば、客観的事実を伝達するスキルが向上するのではないだろうか。  「知覚の技法」を基礎に、視点を深く(細かく)集中させると同時に、限りなく広げていくことで、脳の働きを活性化させられる。工夫しながら試してみてはどうだろう。 (文=情報工場「SERENDIP」編集部) 『観察力を磨く 名画読解』 エイミー・E・ハーマン 著 岡本 由香子 訳 早川書房 368p 2,500円(税別)

続きを読む

特集