空港で預けた手荷物、スマホで位置確認―ダイフク、紛失物の追跡システム開発へ

国内マザー工場で空港向けシステムを展示

 ダイフクは空港向けシステム事業で航空会社への預け入れ荷物の状況を“見える化”し、手荷物受取所での旅客の利便性向上と、荷物紛失時の追跡を効率化するシステムを開発する。スマートフォン(スマホ)などと連動し、荷物の位置や受取所への到着を知らせる機能など想定。2020年までに実用化し、同事業の20年度売上高目標500億円(15年度比約5割増)達成を後押しする。  ダイフクは同事業で空港や航空会社向けの預け入れ荷物に関連する設備を横断的に手がけ、システムの保守やオペレーションも受託している。「荷物の見える化」では、荷物タグや無線識別(RFID)などを有効活用する。チェックインカウンターのコンベヤーから、空港内やターミナル間の搬送・仕分けシステム、一時保管用自動倉庫、荷物受取所のコンベヤーなどを総合的に手がける強みも生かし、可視化の仕組みを考案する。  工場や倉庫向けの搬送・仕分けシステム、自動倉庫で培った知見も使う。ソフトウエア会社のM&A(合併・買収)も視野に入れる。世界の航空旅客数は年率4%で増加が見込まれている。荷物紛失は空港や航空会社への負担が大きく、軽減策が求められている。  同事業は07年以降に海外企業を相次ぎ買収して規模拡大し、世界シェア15%強の4位。3位の独シーメンスに肉薄する。12月に国内工場(滋賀県日野町)の建物の一角、2400平方メートルのスペースに空港向け最新システムを展示して営業強化するなど、3位奪取を目指している。

続きを読む

特集