時代遅れではない!「水力発電」は再生可能エネルギーのエースになりうる

<情報工場 「読学」のススメ#16>『水力発電が日本を救う』(竹村 公太郎 著)

**「水力発電は時代遅れ」という思い込みは捨てるべき  人間は、ともすると「思い込みの罠」にハマりがちだ。心理学では「認知バイアス」という用語が使われるが、ある情報が正しいといちど思い込むと、無意識のうちにその他の可能性をことごとく排除してしまう。現代のような情報過多の時代には、思い込みによって一部の情報のみを受け入れるようにした方が、頭脳を酷使せずにすむ、といったこともあるのかもしれない。  2011年3月11日の東日本大震災と原発事故が発生して以来、エネルギー、とりわけ電力をどのように確保していくかの議論が百家争鳴のごとくなされてきた。ネット社会がそれに拍車をかけ、さまざまな意見や情報が飛び交った感がある。  再生可能エネルギー(再エネ)の可能性についても、そのメリット・デメリットがいろいろな場所で議論されている。再エネによる発電には多種多様な方式があるが、主に議題や話題にのぼるのは太陽光発電と風力発電が多い。これらについては、設置場所や発電効率などの難点が指摘されている。  再エネ=太陽光 or 風力、というのは、多くの日本人の「思い込み」ではないだろうか。実はそのほかにも有望な選択肢は存在する。中でも地熱発電や水力発電は、太陽光や風力よりも日本特有の地形や地理的条件を十二分に生かすことができる。とくに水力発電は古くからある発電方式であり、すでに全国に施設(ダム)が存在し、技術も確立している。『水力発電が日本を救う』(東洋経済新報社)は、この水力発電の高いポテンシャルを指摘し、上手に使うことで日本のエネルギー事情が大幅に改善されることを主張している。  同書の著者、竹村公太郎さんは、1970年に当時の建設省に入省以来、2002年に国土交通省を退官するまで、一貫してダム・河川事業の専門家として現場に関わってきた。現在は日本水フォーラム事務局長として、水力発電を見直しを促す講演活動などを積極的に展開している。  この本を読むと、「水力発電なんて時代遅れだ」というのは、典型的な日本人の「思い込み」であることがよくわかる。そう断じる人の頭には「ダムに沈む村」を悲しげに見つめる村人たちの顔が浮かんでいるかもしれない。  竹村さんの主張は、何も「もっとダムを増やそうではないか」というものではないのだ。「今あるダム」を有効利用することで大幅に発電量を増やせると言っている。  では、どうするのか。竹村さんの主張をまとめれば、その策は大きく分けて三つある。(1)多目的ダムの運用変更、(2)既存ダムのかさ上げ、(3)発電に使用されていないダムでの水力発電の実施、である。  (1)は、シンプルに言えば「ダムにもっと水を入れろ」ということ。おそらくあまり知られていないのだろうが、いま各地にある大規模な多目的ダムには、通常水が半分ほどしか貯められていない。  これは貯まっていないのではなく、あえて半分にしているのだという。なぜか。それは、多目的ダムには発電などの「利水」のほかに、河川の氾濫や洪水を防ぐ「治水」の役割もあるからだ。ダムを満タンにしてしまうとそれ以上雨水が入らないため、治水の役割を果たせなくなる。  この半分ほどにも水を貯めれば、単純に発電量は2倍になるそうだ。つまりもう一つダムをつくるのと同じ効果がある。治水への影響について竹村さんは、「今の予報技術ならば早い時期に氾濫の危険を察知できる。予測された時点から少量ずつ放流していけばいい」と考えている。  (2)も(1)と同じ理屈だ。つまり、ダムは水位が高くなればなるほど発電量を増やすことができる。それならば既存のダムをもっと高くすればいい、ということだ。たとえば100メートルのダムを10メートル高くする。10%高さが増しただけだが、これだけで単純計算で70%も発電量が増えるのだそうだ。  (3)についても、知られていないか、気づかれていないことである。「発電に使われていないダム」とは、主に「砂防ダム」を指す。これは山間部の渓谷などにある10メートルから30メートルほどの小さなダムで、文字どおり砂、すなわち土石流を防ぐためのものだ。この砂防ダムを転用して小水力発電に利用する。1基あたりの発電量は小さいが、とにかく全国には非常に多くの砂防ダムがある。それらを足せばかなりの量が発電できるし、地産地消で地元の電力をまかなってもいい。  水力エネルギーは供給を他国に頼る必要がまったくない「純国産エネルギー」だ。しかもダムは耐久性が高いため、長期にわたり安定した持続的な電力の確保が可能だ。竹村さんの策にしたがい既存のダムのポテンシャルを生かせば、初期コストはさほどかからない。竹村さんの試算では、既存のダムの活用法を工夫するだけで総電力需要の20%ほどはまかなえるようになるという。  現代は、かつての高度成長期のように積極的に開発を進め、新しいものをどんどん作っていけばよい、という時代ではない。少なくとも日本ではそうだ。現代に求められるのは、「すでにあるもの」を上手に工夫して活用する知恵ではなかろうか。これは、たとえばAirbnb(ネットによる民泊仲介サービス)などのシェアリングエコノミーにも通じる。そうした知恵を育むには、まずは「思い込み」を捨て、まっさらな目で既存のものを見直す「観察眼」が重要になるのだろう。 (文=情報工場「SERENDIP」編集部) 『水力発電が日本を救う』 -今あるダムで年間2兆円超の電力を増やせる 竹村 公太郎 著 東洋経済新報社 192p 1,400円(税別)

続きを読む

特集