YKK AP、台湾で“日本品質”伝承。現地工務店の技能研修を制度化

高い施工技術を訴求。新築住宅以外も開拓へ

現地での技能研修

 【台北=斎藤正人】YKK APは台湾で、現地の工務店向けに技能研修を始めた。日本の施工協力会が支援し、サッシやカーテンウオールといった建材の施工技術やノウハウを伝える。同社が海外で日本式の技能研修を制度化するのは初めて。台湾のマンション市場は中国経済の減速で縮小傾向にあるが、同社はモノづくりに優れた“日本品質”を強く打ち出し、成長を目指す。  研修は現地の工務店などで構成する施工協力会のメンバーを対象とする。実技と座学を組み合わせた研修を実施し、施工技能者のレベルを引き上げる。  日本で実施している合宿研修「施工技能修練伝承塾」に台湾から職長クラスを招き、参加してもらうことも検討する。「品質こそブランド価値という考え方で取り組む」(梶浦優YKK台湾AP事業部事業部長)方針だ。  YKK APは台湾で、マンション向けの窓・サッシとビルなど向けのカーテンウオールを手がける。特に高級マンション市場では圧倒的な市場シェアを握る。住宅以外でも存在感を高めている。2016年度の売上高は前年度比約28%増の105億円(32億ニュー台湾ドル)を見込む。  ただ、台湾のマンションの新規着工数は今後、直近のピークだった12―13年に比べて6割ほどに減るとの予測もある。非住宅市場も楽観できない状況だ。このため高い施工技術をアピールし、新築住宅だけでなく、病院などの外装工事や改修の受注にも力を入れる。

続きを読む

特集