AIが人間の良きパートナーとなるためには「哲学」が必須

<情報工場 「読学」のススメ#14>『人工知能のための哲学塾』(三宅 陽一郎 著)>

 ビッグローブ株式会社は2016年5月に、映画『エクス・マキナ』と共同で「AI(人工知能)に関する意識調査」を実施した。対象は15歳から84歳までのインターネット利用者1,114人。  このアンケート調査の中に「あなたが人工知能(AI)に期待することは何ですか?」という質問があり、それに対してもっとも多かった回答は「医療分野の進歩が急速に進む」(52%)であり、「乗り物の自動運転・自動操縦」(40%)がそれに続いている。  注目すべきは、この質問に対する回答の第3位が「コミュニケーションの相手になってくれる」(32%)、第4位が「ロボットとの生活が実現する」(27%)だったことだ。少なからぬ人々がAI・ロボットと友人のように心を通わせたいと願っているということではないだろうか。  日本のマンガ・アニメの世界では、昔から親しみやすいロボット・キャラクターがしばしば登場し、人気者になってきた。鉄腕アトムはドラえもんがその代表格だ。彼らは人間と同じように喜怒哀楽を表に出し、人間と楽しく交流をする。  最近ではコンピュータ・ゲームの中のキャラクターが、あたかも生身の人間のようにプレイヤーと会話をし、画面上を自分の意思で動き回る(ように見える)。これらのキャラクターには最新のAI技術が応用されていることがある。『人工知能のための哲学塾』(ビー・エヌ・エヌ新社)の著者、三宅陽一郎さんは、そうしたゲームに使われる人工知能である「ゲームAI」開発の第一人者と言われている。  同書は、2015年5月から2016年4月まで全6回で開催されたイベント「人工知能のための哲学塾」をベースにしている。人工知能開発で必要となる「哲学」の基礎と、それがAIにどのように生かされるのかをわかりやすく解説。対象となる哲学の分野は主に現象学で、デカルト、フッサール、ユクスキュル、デリダ、メルロ=ポンティの理論が取り上げられている。  哲学というと、難解でとっつきにくい印象をもつ人が多いだろうが、同書で取り上げる哲学は、「私たちは世界をどう見ているのか」を探っていくものと言っていい。人工知能を人間に近づけるためには、人間による「世界の見方」を知る必要がある。  17世紀に活躍したフランスの哲学者、ルネ・デカルトは、著書『方法論序説』の中で、「我思う、ゆえに我あり」という名言を残した。これは、あらゆる物事を疑っていくと、疑えないものが一つだけ残る、それは「考える“我”」である、ということを意味している。その疑い得ない“我”が「考えること」がその後の哲学、近代科学の出発点になり、大前提となった。  ところが20世紀初頭に、この大前提に疑問を投げかける者たちが現れる。その一人が、現象学を初めて提唱したエトムント・フッサールだ。フッサールはデカルトの「考えること」をいったんやめることを提案した。私たちは目の前にある物事を認識するとともに、それについて考え、判断する。その思考と判断をいちど停止する(エポケー)。すると“判断されない”生のままの対象が浮かび上がってくる。  そのようにして、いちど思考と判断をリセットした対象に対し、再び意識を向ける。そこでは「考える」だけでなく、どう感じるか、どんな記憶が呼び覚まされるか、などさまざまな意識の流れが生じる。そのことで、世界をより幅広く、立体的に捉え直すことができるのだ(志向的表現)。  三宅さんは、これまでの人工知能開発は、もっぱら「考えること」が重視されるデカルト的世界にあったと指摘。それにフッサール的な世界の見方を加えることで、より人間らしい反応ができるようになるとしている。  たとえば人工知能がグラスに入ったカクテルを認識するとしよう。「考える」だけの人工知能は知識表現(知能が論理的に思考するのに必要な情報)しか反応できない。「グラス20センチメートル」「杏酒がグラスに入っている」「レモンがグラスに入っている」「マイナス5度」「グラスを持つことができる」「飲むことができる」といった具合だ。  もし、現象学的な認識ができる人工知能であれば、これに志向的表現を加えることができる。すなわち「この輝きは黄金に似ている」「去年シカゴで飲んだリキュールと同じ味だ」「レモンはシチリア産か」「グラスの表面はつるつるで亀の甲羅と似ている」など。いずれも、感情が入っていたり、過去の経験に照らして判断したりしている。より人間らしさが出てくるのは間違いない。  また、1945年に『知覚の現象学』を著した哲学者モーリス・メルロ=ポンティは、身体と意識の関係について考察している。身体はモノとして他者からは客観的に認識することができる。しかし自分の身体は、それと同時に生きる主体である。自分自身が自分の身体を認識するためには、外から見ただけではわからず、身体を「生きる」しかない。メルロ=ポンティは、そんな身体の両義性を論じている。  この論議は、ゲームのキャラクターや、ヒト型や動物型のロボットに人工知能を搭載する時に、避けては通れないものだろう。三宅さんによれば、まだ決定的な実装方法は見つかっていないそうだが、実装されれば、人間と同じようなスムーズな動きや、身体全体を使って自然に感情を表せることが期待できる。  もしこれから私たちが人工知能やロボットを、単に「使う」だけなのであれば、この『人工知能のための哲学塾』の議論はさほど重要ではないのだろう。デカルト的に「考える」だけでよいからだ。しかし、冒頭のアンケート結果のように、「コミュニケーションの相手になってくれる」「ロボットとの生活が実現する」ことが求められる、すなわちパートナーとして協働していこうとするのであれば、開発者に哲学の知識が必須になる、ということだ。 (文=情報工場「SERENDIP」編集部) 『人工知能のための哲学塾』 三宅 陽一郎 著 ビー・エヌ・エヌ新社 320p 2,400円(税別)

続きを読む

特集