小学校でプログラミング教育必修化!情報サービス各社がサポートに動く

国家戦略に民間の力は不可欠

伊藤忠テクノソリューションズの「未来実現IT教室」

 情報サービス関連企業などが社会貢献活動の一環として、小学生を対象としたプログラミング教育に取り組んでいる。プログラミングを通じて創造力や表現力を養い、次世代IT技術者の育成を支援するのが狙いだ。  伊藤忠テクノソリューションズは2015年から「未来実現IT教室」を開始した。米アップルのタブレット端末と無償提供のプログラミングソフト「ピョンキー」を利用して「自分だけの物語」を創るという内容だ。  CSR課の市川陽子課長は「参加者は非常に意欲的に取り組んでいる。ITを使いこなさないと(進学や就職が)難しい時代になった。プログラミングの意義に気付いてほしい」と教室の目的を説明する。  一方、NTTデータは04年から小学生を対象としたプログラミング教育「こどもIT体験」を行っている。これまで時代の変化に合わせて、内容を見直してきた。  現在は子どものやる気や習熟度に合わせた三つのコースを用意している。一つは文部科学省のプログラム専用オンラインツール「プログラミン」を利用してアニメーションを作成する入門コース、二つは同じくゲームを作成する挑戦コース、三つはヴイストン(大阪市西淀川区)の車型ロボットとソフトを利用したロボプログラミングコースだ。一緒に参加する保護者からは「思考能力の向上に役立つと思う」などの意見が集まり、一定の評価を得ている。  また異色な取り組みを行っているのが、菓子メーカーの江崎グリコ。スマートフォン専用アプリケーション(応用ソフト)「グリコード」を開発し、小学生低学年を対象としたプログラミング教育を支援している。「ポッキー」など自社商品をモチーフに、手軽に遊びながらプログラミングのロジックを学べる。  「食を通じて社会に貢献する」という理念の下、お菓子を題材にしたグリコードで次世代を担う子どもたちに発想力や創造力、コミュニケーション力を養ってもらう。総務省が推進する「プログラミング教育実施モデル実証事業」にも選定されている。  若年層へのプログラミング教育は、20年度から小学校で必修化が検討されるなど見直されつつある。その一方で同教育の普及には、教育人材の不足や教育現場のIT環境の整備など課題は多い。これには国や自治体などからの協力も必要だ。次世代IT技術者の育成に向け、教育イベントの開催やアプリの提供など各社の地道な活動も重要度が増しそうだ。 (文=松沢紗枝) 日刊工業新聞2016年6月11日  経済産業省は、日本のIT人材不足の推計を発表した。IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)などによる社会のデジタル化が進展して需要が増える一方、国内の労働人口は減少。現在の不足人数約17万人が、2020年に2倍強の約37万人に、30年にはさらにその2倍強の約79万人に増加する。経産省は女性や外国人材など多様な人材の活用や業界の労働環境改善などの必要性を挙げた。  国内のIT人材は現在約92万人いる。19年ごろまで微増が続くが、その後は減少に転じて30年には約86万人になると推計した。  東京五輪・パラリンピックで特に求人が増えそうな情報セキュリティー人材では、不足人数が現在の約13万人から20年に19万人へ拡大。IoTや人工知能などの活用に携わる先端IT人材でも不足人数が現在の1万5000人が20年に5万人弱へ急増する。  同省は人材確保に向け、人材の多様性や流動性の向上、スキルアップ支援のほか、過酷とされる労働環境を改善して業界の魅力を高めるべきだとした。 日刊工業新聞2015年1月7日  政府はインターネットを通じたプログラミング教育の提供サービスに関し、特定商取引法で定める「特定継続的役務」には基本的に該当しないとの見解をまとめた。パソコン教室と同様に特定継続的役務に該当するとなった場合、一定の要件で契約締結時の書面交付が義務付けられたり、クーリングオフ制度や中途解約などに関する民事ルールが適用されたりするが、ネットを用いたプログラミング教育はこうした規制の対象外となる。  新規事業について、既存の規制が適用されるかどうかをあらかじめ所管省庁に確認できる「グレーゾーン解消制度」に基づく民間事業者からの照会を受けて、消費者庁と経済産業省が検討した。  その結果、パソコンそのものの操作に関する知識や技術を教える行為と一体不可分でない限り、特定継続的役務には当たらないとの判断になった。経産省ではネットを通じてプログラミングの教育を提供する新しいサービスが創出され、優れたエンジニアの育成につながると期待している。 <次のページ、何歳からプログラミングを学ぶべきか> GE Reports Japan2015年12月15日   プログラミング・コードは世界の新しい共通語である。とはいえ、調査会社IDCによると世界中の労働人口、約30億人のなかでその共通語を使う人口は2,000万人にも及ばない。これまでの数年間、ハイテク業界は人々に毎日1時間をプログラミング学習に充てることを勧めてた。  米国のオバマ大統領もスピーチで「スマホで遊ぶだけではなく、プログラミングしてみよう!」というメッセージを発信している。英国では学校でプログラミングを教えることが必須になったばかり。エストニア、フィンランド、イタリア、シンガポールのような国々ではもう既にプログラミングが授業のカリキュラムに組み込まれている。  では、子供たちはどのくらいの年齢でプログラミングの方法を学び始めるべきなのだろうか?  専門家の多くは、プログラミングは幼いうちから学ぶことができ、そうすべきだという同じ見解を示す。子供たちは年齢が低ければ低いほど、科学、技術、エンジニアリング、数学の4教科に縛られずに時間を使うことができる。  プログラミングは、子供の心で学習するのに特に適した種類の言語のひとつなのだ。しかし、最も一般的なプログラミング言語(Python, Java, C++)は読み書きの能力が必要であったため、最近まで年齢的な制限が足かせとなってた。  それらを踏まえ、読み書きなどの基礎能力を学習中の低年齢の子供たちに向けて、新たなプログラミング言語が書かれるようになっている。デンマーク・レゴのWeDoやScratch Jr.などのプログラム言語は5歳児を対象とし、視覚に基づいて使えるようになっている。  ブロック化されたコードを順に分類することができたり、これまでのプログラミングのお約束だった複雑な構文を抜きにループすることさえ可能だ。  この他にも視覚を使ったプログラミング言語には、米グーグルのBlocklyやHopscotchがある。ただし、これはいずれも、もう少し高い読解能力が必要だ。  Scratch Jr.の共同開発者であるMITのミッチェル・レズニック氏は、このプログラミング方法は物語の形式をとっているので、子供たちは「自分のキャラクターをストーリーの中で活躍させることができる」という。ソースコードが、ブロック方式のKiboや、iPadで使えるDash and Dotといったゲームやボットの豊かな世界をサポートしている。  Kiboの作者でScratch Jr.の共同開発者でもあるタフツ大学のマリーナ・ウマシ・バース氏は、子供たちがプログラミングの基本とともに、基礎的な数学的能力や健全な論理性を身に付けることができると主張する。  子供のプログラミング用ツール利用の効果は、将来の経済社会の中で成功するのに求められるスキルを備えた大人になれる、というだけではない。子供たちの学習方法を大きく変革する可能性も秘めている。  幼児期のコンピュータリテラシーの先駆者で、Logo Turtleの制作者でもあり、レズニック氏とバース氏が師事したシーモア・パパート氏はかつて「従来の教育は “正しいか・間違っているか” に焦点を当てていたため、多くの子供たちは尻込みしてしまっていた」と話す。  それに対し、コンピュータのプログラミングはバグを特定することが焦点。「問題は、正しいか間違っているかではなく、“そのバグを修正できるかどうか“ にある。知的生産物に対するこの見方が、プログラミングの世界を越えてより広範な文化として、知識とその習得をどのように考えるか、を再定義し普遍化できれば、間違えることへの不安に怯える必要もなくなるだろう」とパパート氏。  プログラミングを学ぶことが幼い子供の発達に与える影響についてはほとんど研究がなされいない。5歳の子供たちにプログラミングを学ばせることについての専門家たちの意見もさまざまだ。  心理学者で『Raising Generation Tech: Prepare Your Children for a Media-fueled World(テック世代を育てる:メディアで動く世界に向けて子供たちに準備させよう)』の著者であるジム・テイラー博士は、他の活動の方が「子供の発達のための基礎となる要素である」と説く。  同氏の論はプログラミングを学習させようという押し付けは「子供がテクノロジー列車に乗り遅れ、その結果人生に失敗することを恐れる両親の不安によって牽引されている」というものだ。  他方で、応用心理学と子供への躾の専門家であるニューヨーク大学のローレンス・バトラー氏は、プログラミングの学習が社会的環境の中で行われ、その他の読み書きやオープンエンドのゲームなどの「基本的」活動がプログラミングに置き換えられないことを前提とすれば、幼いうちからプログラミングを学ぶことに問題はないとみている。  さらに『Connected Code: Why Children Need to Learn Programming(意訳 連結コード:なぜ、子供たちはプログラミングを学ぶ必要があるのか)』の著者であるヤスミン・カファイ氏をはじめ、活動のバランスが重要で、プログラミングは実際に「iPadの利用に替わる」ことができるものになるという意見もある。  それによって子供たちは単にコンテンツを消費するだけでなく、制作するという、より積極的な役割を担うことができるようになる。  議論が続く中、バース氏はプログラミングは徐々に世界中の学校でカリキュラムに組み込まれる傾向が進み、幼い子供たちも主な教科の中でコーディングを学ぶことになる、と予想する。  例えば、小さいうちからリテラシーを得ることにより、子供たちは“はらぺこあおむし”が新しい食べ物を食べる動画を作成することができるようになる。数学では、クラスメートが解くための課題入りのストーリーを作成することができる。社会科では、ある国の作物をクリックすると国旗が表示されるといった双方向の地図をデザインすることができる。  一方で、Codecademyのようなオンラインスクールでは、すでに複数のプログラミング言語を教えている。さらにはグーグルや米ゼネラル・エレクトリックも、子供たちがScratch Jr.のような言語を学ぶための学校教材用、家庭学習用のプログラムを提供している。  すべての言語や方言と同じく、プログラミング言語も必ず進化するものであり、時間と共に、またコンピュータがより賢くなるにつれて、より直感的なものになっていくだろう。Blocklyの開発者の一人がWiredに語っている。「各世代がそれまでよりさらに高いレベルのインターフェースを使うようになる。最終的には、完全な自然言語でコンピュータに指示することができるようになるだろう」ー。  そんな時代には、子供たちはおむつをしている時分からプログラミングの世界に第一歩を踏み出すことになるかもしれない。

続きを読む

特集