“爆買い”の宴終わり、関空で産業観光博覧会。訪日外国人取り込む

近畿経産局などが10月から1カ月間

 近畿経済産業局は中小企業基盤整備機構近畿本部と10月23日から、関西国際空港(関空)で関西の産業観光施設を紹介する「関西産業観光博覧会」を開く。産業観光に特化した観光博覧会は全国でも珍しい。会期は11月21日まで約1カ月間。今後、関西2府5県に約500件ある産業観光関連施設を活用した新たな観光商品・ルートを開発し、有名観光地以外の地域へ誘客を進める考え。  関西産業観光博覧会には、関西にある国の出先機関、自治体、経済団体、交通機関、旅行会社などが協力する。関西の都市部以外の市町村を中心に、地元の企業ミュージアムや博物館などの産業観光施設をインバウンド(訪日外国人)向けにPRする。地方への観光客を増やし、将来は対日投資にもつなげる。  関空第1旅客ターミナルビルのインフォメーション前や到着口付近などに4小間の常設展示スペースを設け、原則1小間1週間ずつ出展する。地元の伝統産業、特産品の展示のほか、試販・試食や簡単な製作体験が楽しめる形にする。29日から9月中旬まで参加市町村を募集する。  近畿経産局は現在、関西の産業関連施設約500件をウェブサイトで紹介、滋賀県愛荘町や奈良県桜井市などの5モデルコースを設定している。今後、大阪大学や関西大学などに在籍する留学生と連携し、観光施設やルートなどを外国人目線で設定・見直し、会員制交流サイト(SNS)などを通じて世界に情報発信してもらう。

続きを読む

特集