話題の巨大で甘い高級イチゴは「50歳からのベンチャー」で生まれた

<情報工場 「読学」のススメ#9>『「ひと粒五万円!」世界一のイチゴの秘密』(白石 拓 著)

**ウェディングケーキの代わりにイチゴに“入刀”するアイデアも  「美人姫」という華やかな名前のイチゴをご存知だろうか? 「ひと粒5万円」の高級イチゴとしてテレビや雑誌で紹介されたのをご覧になった方も多いかもしれない。   美人姫は、岐阜県羽島市の奥田農園のみで栽培・生産されている品種。残念ながら実物を見たことも、ましてや食べたこともまだないのだが、写真を見ただけでも度肝を抜かれる。大きいのだ。いや、巨大と言っていい。手の平をほぼ占領する大きさ。奥田農園から「高級イチゴ」として売り出されているのは80グラム以上で、これまで最大は114グラムだという。ふつうのイチゴは、大粒のものでも15~18グラムだ。  大きさだけではない。色もヘタに向かう根元まで真っ赤で、ツヤがある。味も、糖度がメロンやマンゴー並みにあり、それに酸味が加わり絶品だそうだ。  奥田農園で生産されている美人姫は、すべてが「5万円」というわけではない。小さめの粒(それでも30グラム級)は1パック数百円で売られている。奥田農園の主人である奥田美貴夫さんは、美人姫を独力で品種改良により生み出し、現在ジュースなどへの加工、販売、宣伝までをほぼ一人で手がける。美人姫は贈答用の高級品、日用のパック販売分ともにネットを中心に人気を集めており、日本経済新聞の報道によれば、2016年末にはUAE(アラブ首長国連邦)への輸出も始めるという。  『「ひと粒五万円!」世界一のイチゴの秘密』(祥伝社新書)は、「美人姫」で成功を収めた奥田さんの挑戦の軌跡を追っている。著者の白石拓さんは、幅広いジャンルで活躍する科学ジャーナリスト。  同書第5章のタイトルが「ベンチャー奥田農園」となっているように、奥田さんは、まるで起業家のようにさまざまなアイデアを打ち出しながら美人姫の生産・加工・販売を行っている。農協は奥田さんが50歳の時に訣別して以来関わっていない。そう、奥田さんは、50歳にして今の事業を始めたのだ。  奥田さんのアイデアで秀逸なのは、結婚式での「美人姫入刀」だ。新郎新婦が手を取り合ってウェディングケーキにナイフを入れる、あの儀式をイチゴで行うというもの。これは、たまたま縁があった佐渡ヶ嶽部屋・琴欧洲関の結婚式に美人姫を提供しようとした時に奥田さんが思いついたアイデアだ。琴欧洲関の結婚式では実現しなかったものの、ホームページを見た一般のカップルが手を挙げ、名古屋のホテルで初の「美人姫入刀」が執り行われた。その後も、ちらほらと問い合わせがあるという。  日本政府は、農業改革の一環として「六次産業化」を進めている。「六次」というのは、「一次+二次+三次」を意味する。すなわち、これまで別々の主体が行っていた農産物の生産(一次産業)、加工(二次産業)、販売(三次産業)を一カ所で行うということだ。まさしく奥田さんが「美人姫」で実践している形態だ。  政府が推進する「六次産業化」は、農業の法人化や大規模化による効率化・生産拡大をにらんだものと考えられる。しかし奥田さんは大規模化どころか、ほぼ一人でやっている。現状、日本で個人や零細農家単体で六次産業化に取り組んでいるケースはほとんどないという。  食と農に関しては、「スローフード」という世界的なムーブメントがよく知られている。1986年にイタリアで始まった、「ファストフード」に象徴される効率重視や画一化に反対し、地域の伝統的な食文化や食材を見直そうとする運動だ。日本でも2004年に「スローフードジャパン」が設立され、栽培されなくなったことで“絶滅”寸前の食材を守る「味の箱舟」などの活動を展開している。  スローフードジャパンの活動にも加わっている研究者の一人に話を聞いたことがある。それによると、たとえば日本には100を超えるダイコンの品種が存在するが、近年、経済効率を優先して「青首ダイコン」への画一化が進んでいる。他の農産物にも画一化の波が押し寄せており、このままだと食の多様性が失われ、日本の豊かな食文化が衰退することが懸念されるという。農産物の画一化は、何らかの理由でその品種の収穫が不可能になった時に代替物がないリスクを抱えることでもある。  奥田さんのように新しい品種を開発することは、食の多様性の維持に大いに役立つ。「味の箱舟」が「守」だとすれば、奥田さんの取り組みは「攻」にあたるだろう。攻守にわたるさまざまな取り組みが行われることで、食の画一化を防ぐことができるのではないか。  個人や零細農家がそれぞれ独自性のあるチャレンジをしていくことが重要だろう。奥田さんのように一人で六次産業化まで行うのはかなりの負担であることは確かだ。しかし、たとえば零細農家同士でノウハウを交換したり、加工のための工場や販売店などを共同運営することなども考えられる。  消費者としては、美人姫に続くいろいろな品種の登場、あるいは埋もれた地域特産物の掘り起こしによって食卓がいっそう豊かに彩られることを期待したい。   (文=情報工場「SEREBDIP」編集部) 『「ひと粒五万円!」世界一のイチゴの秘密』 白石 拓 著 祥伝社(祥伝社新書) 200p 780円(税別)

続きを読む

特集