大手と中小、賃金格差是正は実現したのか

連合会長「縮小している」

 連合は16日、第7回中央闘争委員会を開き、今後の2016年春闘方針を確認した。連合がまとめた5月末時点の春闘の回答集計では8割を超える組合が回答を引き出し、平均賃金方式4764組合の組合員数加重平均は5817円、賃上げ率は2・00%。このうち300人未満の中小組合3478組合の回答は4362円、同1・81%と、いずれも昨年同時期を下回った。  昨年同時期の全体の賃上げ率は2・23%、中小は1・90%だった。中央執行委員会と闘争委員会後、会見した神津里季生連合会長は「全体と中小との格差は縮小している」と述べ、現在交渉中の中小・地場組合への交渉支援に全力を挙げる考えを示した。  一方、非正規労働者の賃上げ額(単純平均、時給)は17・26円で、昨年同時期の14・63円を上回った。

続きを読む

特集