新素材が奏でる音色とは…炭素繊維強化プラスチック製の木琴

残響に倍音が発生せず澄んだ音が出る

新型木琴を実演する顧問の石川さん

 【横浜】エーシーエム(横浜市都筑区、大久保茂社長、045・930・3038)は、ペダル以外はすべてCFRP(炭素繊維強化プラスチック)で作製した音板打楽器の「CFRPhone(シーエフアールフォン)」を開発した。重さは15キログラムと軽い上、CFRPは木や鉄と違って、繊維の強化方法によって固有振動数を変えられるため、同じ厚み・長さの音板でもさまざまな音が表現できる。残響に倍音が発生しないので澄んだ音が出るという。  一般的な木琴や鉄琴の場合、音板の長さを変えることで音の違いを出す。これに対し、炭素繊維と樹脂を一体化したCFRP用原料素材(プリプレグシート)の積層設計を変えることで、見た目が同じ音板で異なる音を表現できる。高弾性のピッチ系と高強度のPAN系の炭素繊維を使い分けて作った。筐(きょう)体サイズは横1000ミリ×奥行き618ミリ×高さ900ミリメートル。同じ寸法の音板が30音板あり、2オクターブ半まで演奏できる。    開発した石川源顧問は「CFRPは“軽くて強い”以外にも特徴があることをもっと伝えたい」と話す。12月2―4日に東京ビッグサイトで開催される先端材料技術展2015で展示し、石川顧問が初日に演奏する予定だ。

続きを読む

特集