村田製作所は一日にして成らず(10)家の中にも「ムラタ」がいっぱい

IoTの可能性は無限大

設置されたスマートハウス。自然エネルギーを効果的に利用した街づくりを目指す

**実証に貢献  横浜市西区の住宅展示場に突如姿を現した1棟の建築物。台形の2階建ての住宅は、周囲と比べ明らかに異彩を放つ。これは企業連携組織「横浜スマートコミュニティ」が手がける、スマートハウス(次世代環境住宅)の実証実験施設だ。村田製作所もエネルギーマネジメントシステム(EMS)の実験機や光発電デバイスなどを用いたセンサーネットワークシステムを同住宅に設置。実験に大きな期待をかける。  環境・エネルギー分野は、村田製作所の次代を担う成長市場の一つ。社長の村田恒夫も「(創業来の)セラミックス技術だけを見ていてはいけない。新たな商品でもっと顧客に価値提供しろ」とことあるごとに話す。  センサーネットワークシステムは、人感センサーや温湿度センサー、窓の開閉を感知するセンサーなどを室内に配置。計測したデータを無線で受信機に飛ばし、パソコンで状況を確認できる。各センサーには室内照明の光を電源にできる最新技術も盛り込んだ。  電源システム系や無線通信モジュール、センサー類―。スマートハウスのシステムに必要な主要部品の多くを持つ同社。これを見逃す手はない。通信事業を担当で取締役常務執行役員の中島規巨は「キラーアプリケーションとなる腹案がある」と今後に自信をみせる。  中島が担当する同事業部は、無線通信モジュールが主力事業。腹案について多くを語らない中島だが、答えのヒントはやはり無線通信に見え隠れする。キーワードは「IoT(モノのインターネット)」。IoTとは、自動車や家電、産業機器などあらゆるものをインターネットに接続する技術。センサー情報などを無線で飛ばし、クラウドコンピューティングを介してビッグデータ(大量の情報)を分析・管理する。マーケティングなどビジネス分野に留まらず、社会インフラや個人生活向けサービスなど適用範囲は広大。ここでも村田製作所の製品・技術は存在感を発揮できるだろう。  中島は「通信に対する認識や知識は顧客によってバラつきがあり、ソリューションやシステムとして提供しないと広がっていかない」と話す。同分野は同社が生業としてきた事業とは明らかに異なる。他社との協業なども視野に「準備には時間をかけている」(同)。(敬称略)

続きを読む

特集