「経営者はラッキーな男でなければならない」経団連時代を作った気骨の人

企業の自主性や自律性を求めた石坂泰三。今の東芝をどう思う?

石坂泰三氏

 ”財界総理“という呼称はこの男のために用意された。第2代経団連会長の石坂泰三である。東芝再建を手土産に1956年から実に12年間にわたり財界トップに君臨、経団連の時代を作り上げた。  「経営者はラッキーな男でなければならない」―。石坂の口癖である。このセリフは石坂自身に当てはまる。  官僚から第一生命保険への転身後は、近代経営や社内改革を次々に断行。業界12位に甘んじていた同社を日本生命保険に次ぐ2番手に引き上げた。公職追放令で、生保業界を追われた後には、大争議が吹き荒れる東芝に単身乗り込み、大リストラという荒療治で東芝を見事再生させた。  両社における高い経営手腕は、石坂に幸運をもたらすことになる。初代会長・石川一郎の後を受け、経団連会長に就任。財界トップとして、政治に対しても毅然(きぜん)とした態度で臨んだ。  代表的なエピソードが、56年の「鳩山一郎首相退陣要求」だろう。日本商工会議所の藤山愛一郎会頭とともに、時の首相に退陣を求めた。財界総理としての実力をいかんなく発揮して見せた。  政府が民間企業に介入し、国家資本主義が広がっていたことに対し、石坂は”レッセフェール“(自由放任主義)の姿勢を貫き、国の援助を期待する企業経営者を叱咤(しった)激励した。財界の基礎を作り上げるだけでなく、民間企業の自主性や自律性を求めた気骨の経済人である。 (敬称略)  ※日刊工業新聞で毎週金曜日に「近代日本の産業人」を連載中

続きを読む

特集