《中小企業のM&Aストーリー#02》件数が最も多い調剤薬局から学ぶ

サン薬局を買収したメディカルシステムネットワーク。さまざまな売り手の要望を聞く

買収により新天地への出店が実現(メディカルシステムネットワークの調剤薬局)

 日本のM&A(合併・買収)市場で、最も件数が多いと見られる業種が調剤薬局だ。M&A仲介業の日本M&Aセンターが2014年度に手がけた案件を見ても、買い成約169件中13件が調剤薬局。調剤薬局は立地が売り上げや事業成長に大きく関わるため、病院や福祉施設の近辺を押さえることが重要。新天地に出店を考える調剤薬局にとって、自前で店舗を新設するより好立地の既存店を買収した方が効率的だ。そういった業界事情もM&A増加に拍車をかけている。  高齢化により調剤医療費自体は伸びているが、医療費を抑制したい国の意向もあり、調剤報酬自体は引き下げられる傾向。規模で劣る個人経営の調剤薬局は経営を圧迫されている。また、薬学部の6年制移行による薬剤師不足も深刻な課題だ。個人経営の調剤薬局は若い薬剤師を集めにくくなっており、事業売却を決意する大きな理由となっている。  業界の中で急成長しているのが、メディカルシステムネットワークだ。北海道を出発地とする同社は、関東や関西など他地域への進出戦略としてM&Aを活用。2014年には連結子会社を通じて愛知県のサン薬局を買収した。  これだけの案件を実現する秘訣(ひけつ)は何か。同社の田中義寛専務は「M&Aは価格も重要だが、それだけではない。うちがフレキシブルな対応をしていることもあるのでは」と推測する。  緩やかに融和しガバナンスを効かせる  確かに、売り手となる企業の要望はさまざまだ。会社を手放してリタイアしたいという売り手もいれば、社長として経営に協力したいという売り手、自分は手を引くが息子を役員に入れてほしいという売り手もいる。同社は、その期待に可能な限り応えることで成功件数を増やしているという。  売り手の希望を聞きすぎると、買収後のガバナンスが不安定になるのではとの見方もできるが、田中専務は「全体ビジョンを示しつつ、緩やかに融和を図っていくことでガバナンスをきかせている」と語る。   02年9月期に6億円でスタートした同社の売上高は、決算期変更後の15年3月期に755億円まで成長。その大きな原動力がM&Aだ。今後も特に一部地域に集中してM&Aを行う「ドミナント戦略」を軸に成長を目指す方針。25年3月期に売上高3000億円の実現を目指している。  調剤薬局業界は大手のシェアが1―2%程度で、ドラッグストア業界などに比べても大手の寡占化が進んでいない。メディカルシステムネットワークは他社に先駆けてシェアを獲得するため、今後も積極的なM&A戦略を推進する方針だ。  会社を売却した後の経営者の人生はさまざまだ。新たに別の事業を立ち上げる人もいれば、完全に経営から手を引き、リタイアする社長もいる。そんななか、愛知県で調剤薬局「サン薬局」を経営していた河村泰男の”その後“はユニークだ。河村は自社の売却後、売却先であるメディカルシステムネットワークグループに一社員として入社。現在は薬剤師として活動する。    サン薬局は河村の父親が創業したが、突然病気で亡くなったため、薬剤師だった河村が後を継いだ。2011年10月、28歳の時だ。「今思えば感情的になっていた。家族からは反対されたが、父の思いや従業員への迷惑を考えると前に進むしかなかった」と振り返る。  経営者になった後も薬剤師として店舗に立ち続けた。継いだ時点では「父親の経営が丼勘定だった」こともあり、サン薬局の借金は2000万―3000万円に膨らんでいた。サン薬局の店舗はどれも利益を出しており、将来は完済も見込めていたが、経営者と薬剤師の二足のわらじを履く生活は、肉体と精神を徐々に疲弊させていった。  父には申し訳ないが、売却を決断した時は解放された気持ちに  後を継いで約2年、体に変調を感じる。医師の診断結果は潰瘍性大腸炎。自らの体調不良を機に「このまま続けても将来安泰だろうか」と、迷いを感じるようになった河村は、M&A(合併・買収)仲介業者の門をたたく。売却の条件は「社風が合い、社員の雇用を維持してくれる会社」。その条件を聞いて仲介業者が紹介したのがメディカルシステムネットワークだった。  売却の決断をした当時について「肉体的精神的に疲れていたし、解放されるという気持ちだった」と語る。「ただ、今でも父には申し訳ないという気持ちがある」と寂しそうに微笑む。  経営を退いた後は薬剤師実務も一端離れ、今後の人生を見つめ直した。そして半年後、一介の薬剤師として再スタートを切ることを決める。メディカルシステムネットワークの勧誘もあり、グループに属する神奈川県の調剤薬局に就職した。「大手の仕事に興味があった」という河村。一方のメディカルシステムネットワークは「経営の分かる薬剤師は貴重」と河村に期待をかけている。  「薬局のあるべき姿など仕事に対する悩みは尽きない」と語る河村。今冬には第1子が生まれ、父となる予定だ。経営者としての人生は一段落したが、薬剤師として、父として人生は続いてゆく。 (敬称略)

続きを読む

特集