工場現場の手荒れ守る、手洗いしても効果持続ハンドクリーム

微細金属粉や活性炭粉などのこびりつきを防ぐ

NMCのクリーム

【川越】NMC(東京都小平市、湯田仁社長、042・345・1356)は、5分程度で乾き、保護効果が4時間程度と長持ちする工場現場向け皮膚保護クリーム「スキンフレンドクリーム」を開発し、8日に発売する。保護成分が皮膚の角質層までしっかり浸透するため、微細金属粉や活性炭粉などのこびりつきを防げる。容量は200ミリ、500ミリ、900ミリリットルの3種類で、価格は2980円から。初年度1500リットルの販売を見込む。  天然油脂由来高級アルコールのセタノール、高酸化作用を持つステアリン酸などの作用により、手のひらの角質層まで浸透した保護膜を形成。「一般の手荒れ予防クリームなどと異なり、塗布後の手洗いでも容易に保護効果が消えない」(湯田社長)という。数分で乾くため、使用後のべたつきがない。  また、ワンプッシュで1回塗布分の約0・6ミリリットルしかクリームが出ない定量吐出容器を採用するなど経済性にも優れる。機械加工時に手のしわなどにこびりつきやすい油や洗浄剤、さまざまな微細粉末などをはじく効果が高いため、「作業終了後に、従来のようにゴシゴシ洗わないで済む効果が見込める」(同)という。  香料など不使用のためほぼ無臭で、食材調理時にも使用可能。風邪や、花粉症時の鼻まわりの皮膚保護にも使える。

続きを読む

特集