《ソニー編》ザ・インタビュー#1 話題の「FES Watch」は変革への狼煙

プロジェクトリーダー・杉上雄紀氏が語る誕生秘話「アイデアのネタ帳はパワポ300ページになった」

 ソニーの新規事業プロジェクトから生まれた話題の「FES Watch(フェスウォッチ)」。メディアではソニーの凋落が叫ばれて久しいが、まだまだ新しいモノを生み出す人材も技術も、エネルギーも残っている。従来の社内プロセスからは絶対に世に出ることはなかったFES Watchはなぜ誕生したのか。大企業イノベーションの3回目は、FES Watchのプロジェクトリーダーを務める杉上雄紀さん。3回に渡り紹介する。  ー杉上さんは2008年の入社ですよね。ソニーに憧れを抱く世代でもないと思うのですが、なぜソニーに入ろうと。  「まず、すごい個人的な話になってしまうんですけど、20歳の時に崖から落ちて9割即死という経験をしたんです。奇跡的に助かったんですが、今も膝とかに傷があります。せっかく生きているのだから、何か世の中に恩返しできることをしたいと思ったんです。医療とか福祉、環境とかも考えました。もともとエンターテイメントが好きで、入院していた時も『エンタメは大事だな~』と思ったり。新しく面白いことができるエンターテイメント、しかもモノづくりの会社ということでソニーに入りました。完全に第一志望です」  新しく面白いものを作りたい!もはやテレビと呼べないようなものも考えた  ー最初はテレビ事業部の配属ですね。ソニーのテレビ事業はずっと構造改革をやっていて、ポジティブに仕事はできましたか。  「たしかにテレビは業績が悪かったこともあって、何か変えないといけない、何か新しいことにチャレンジしないと、という雰囲気はありました。そういう意味でテレビは自分によい部署だったのかもしれない。最初にソニーに入る時、やっぱり新しくて面白い何かを自分で考えて、世に出すことをやりたいなと思っていて、いつかは自分で考えることをやりたいけども、まずはどうやってつくるかをちゃんと学びたいと」  「大学ではナノテクノロジーの研究をしていたんですけど、ソフトウエアの方がいろいろアイデアを形にしやすいと思って、ソフトウエアに関係する仕事を希望しました。テレビの配属になって、新しいアプリケーションを作る部署に入ったんです。『グーグルテレビ』でアンドロイドと組んだり、スマホとテレビをつなぐアプリの仕事もしていましたね」  ーソニーに限ったことではないですが大手企業になればなるほど、新しいことが実現しにくい社内システムや風土があります。例えばテレビをどのように変えたいと。  「結構いろいろ考えましたよ。まったく違うビジネスモデルで、もはやテレビとは呼べないようなものとか。それはあくまでアイデアベースで発展していったわけではありません」  「新人だった時にピュアに飲み会で事業本部長に話したりとか。アイデアを持っている社員はいっぱいて、考えられるし作ることもできるし、提案もできる。それが通るか通らないかはまた別問題です。ソニー以外で働いたことはないので、他社のことは分からないですけど、世の中、提案が全て受け入れられるわけでもないと思うので。テレビの部署に対しそんなにネガティブな感情をもったことはなかったですね」  ゲームショーとガールズコレクションが結びつけたファッションのデジタル化  ーFES Watchのアイデアはどのタイミングで思いついたんですか。  「中学生のころから、思いついたアイデアをずっとネタ帳に書いていました。ソニーに入ってからはパワポになり、自分のアイデアだけでなく、面白いと思った技術やアイデアをアレンジしたものも含めて300ページくらいになりました。FES Watchに繋がるアイデアを思い付いたのは、2012年の東京ゲームショーを見に行ったことがきっかけでした」  「一般のお客さんもすごく入っていてとても盛り上がっていた。そしてどのブースもビデオゲーム。何十年も前はトランプとかボードゲームとかもっとアナログだったんだろうな、とか思いながら。そこでゲームのデジタル化の波を一気に感じたんです」  「帰り道にこれくらい人が集まる分野で、まだデジタルの要素が少ない業界があれば、今後、デジタル化されたら凄いことになると。でもその時はすぐに浮かばなかった。翌日、テレビのニュースで東京ガールズコレクションの映像を見て、『あ!ファッション業界は、女の子たちが集まってキャーキャーしているけど、デジタルの要素がないからすごく可能性があると感じたんです」  ーそのアイデアを社内の人に話したのはいつですか。  「社内の研究開発部門で電子ペーパー技術をやっているのは知っていました。電子ペーパーを紙ではなくて柄の変わる布地という観点で、いろんなアイテムを作っていくと、あの業界に入っていけるのではないか、そこからファッションで何かできるのではないかと思っていました」  「でもまだテレビ事業の仕事をしていて、本当にアイデアを思いついただけという感じですね。日頃からネタ帳を貯めている中に2つ、3つこれはいつかやれたらな、というのがあるんです。ファッションのデジタル化はトップ3のうちの一つでした」  「社内の人に話したのは東京ゲームショーから1年後くらいです。2013年に自分が所属するホームエンターテインメント部門で、アイデアを募集するボトムアップイベントがあって、テーマは自由でなんでもあり。じゃ、今まで貯めてきたアイデアをこの機会に出してみようと思って、周りに『こういうのを出そうと思うんだけど』と相談しました。同じ事業部の人、昔一緒に仕事をしたことがあるデザイナー、小耳にはさんで面白そうだと参加してくれたウォークマンの部門の人と一緒にコンテストに参加しました。それがFES Watchの始まりです」  ーコンテストで受賞はしたんですか。  「計2回コンテストに出したんですけど、1回目は受賞できなかったんです。それでチームのメンバーも忙しくなって、一度解散しました。でもアイデア自体はやってみて面白かったので何とか続けたいと。自分はボトムアップイベントの運営側もやっていました。2回目のコンテストは運営を一緒にしていた人たちが仲間に加わってくれました」  「1年目はプロトタイプが全然作れなかったんですが、2年目は電子ペーパーの仕事をやっている人たちも入ってくれて、受賞することができたんです。それが2014年の1月。でもまだその時点では、今、僕たちがいる新規事業創出部はありませんでした」  「君たちのアイデアは面白い。そのままにしないから」(平井社長)  ーそこから事業化への道程は。  「ちょっと話は戻るんですが、『電子ペーパーでファッションアイテム作る』というアイデアを実現させるとしたらどうすればいいか考えたんです。そして、究極には社長の平井(一夫)から『やろう!』と言ってもらう必要があるわな、と。平井にゴーサインを出してもらうにはまず会わないといけない。会うにはどうすればいいか。アイデアコンテストに出して、受賞すれば会えるかな、と考えてアイデアコンテストで受賞を狙って活動していました」  「2回目に出た時のメンバーの一人が、コンテストを立ち上げた人で、その件で一度、平井に会う機会があったんです。エレベータピッチで、興味を持ってもらって、秘書の方に平井が『30分時間をアレンジしてくれ』と言ってくれ、1カ月半後に会うことができた。それが2013年の12月」  「そこから受賞して14年の1月にまた会ったら、『君たちのアイデアは面白いし、そのままにしないからちょっと待っててくれ』と言われたんです。『そのままにしない?』って何が起こるのかと思っていたら、新規事業創出部というのができると。『やってみるか?』と言われ、『はい、やります!』という感じでした。平井は性格も明るいし、新しいことが好き。やりたがっている人には耳を傾けてくれる。それで4月から今の部署です」  ーチームのメンバーはいろいろな部門に所属しています。人を引き抜かれることに抵抗するケースもあったりしますが。  「異動自体はスムーズでした。平井などマネジメントの意向もあったし、私のホームエンタテインメント部門も新しいチャレンジにはポジティブで、『がんばれよ!』と送り出してくれました。他のメンバーもこのアイデアを仕事でやりたいと思って活動してきたので全員が新しい部署に移りました。ボトムアップイベントに出て賞もとっていたので、社内でも初耳ではなかった点もプラスだったと思います」 <プロフィル>  杉上雄紀(すぎうえ・ゆうき)  1982年8月生まれ、東京都出身。2008年東京大学大学院工学系研究科を卒業後、同年ソニー(株)入社、ホームエンタテインメント部門へ配属。テレビと連携するスマホアプリや新規商品の開発に携わる一方、ボトムアップの部門内アイデアコンテストのスタッフとして精力的に活動する。  “デジタル化でファッションをもっと自由にもっと楽しく”をビジョンに掲げ、電子ペーパーを紙ではなく布として捉えて柄の変わるファッションアイテムを作るというデジタル・ファッション事業を発案し、2013年より有志を集めて業務外での活動を本格化。2014年4月に設立された新規事業創出部にて社内スタートアップFashion Entertainmentsとして活動を開始し、事業開発に邁進中。2015年7月より、First Flightにて第一弾商品である柄が変わる時計FES Watchの販売予約を開始している。  (ニュースイッチ編集部、取材協力=トーマツベンチャーサポート)  ※2回目は10月2日(金)に公開予定

続きを読む

特集