新型コロナと力士のお弁当

勝ち越した御嶽海。出羽海部屋の高崎親方がお祝いの手作り弁当(日本相撲協会公式インスタグラムより)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響はスポーツ界にも及ぶ。各競技は軒並み、中止や延期に追い込まれている。22日に千秋楽を迎える大相撲春場所も無観客開催だ。年1回の大阪場所を楽しみにしていた好角家は肩を落としている。 広い体育館の中央に設置した土俵の周囲はガランとしたまま。テレビ中継では客のいない升席がやけに目立つ。その春場所で日本相撲協会によるユニークな取り組みがちょっとした注目を集めている。 新型コロナ対策で力士は会場入り後は外出禁止。出前や差し入れも禁止になったため、力士は弁当を持参しており、その弁当が日本相撲協会の公式ツイッターで連日紹介されている。シェフ顔負けのお手製弁当の評判はネットでも上々だ。 もともと大相撲は部屋ごとに独自のちゃんこ鍋があり、力士には料理の腕利きが多い。そこに着目した協会が連日“ファンサービス”に努めている。普段は観客が通る会場内で、大きな弁当箱を開ける力士の姿にニヤリとさせられる。 力士に新型コロナ感染者が出ると即中止となるだけに、何とか無事に勤め上げてもらいたい。そして次の場所こそ、満員御礼の垂れ幕の下、奮闘する力士を心ゆくまで応援したい。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集