【新型コロナ】世界遺産・宮島の観光客、激減

新型コロナウイルス感染症の拡大影響で、広島県廿日市市の宮島の観光客が激減している。宮島観光協会の調べによると、2月の来島者数は約23万2000人で前年同月比約3万1000人減少した。宮島観光は、これから春のシーズンを迎える。2019年のピークは5月の53万9000人で、3―5月は書き入れ時。同協会は「現状では打つ手がなく、感染症をどう食い止められるか、推移を見守るしかない」としている。(広島)

続きを読む

関連する記事はこちら

特集