「経営“人財”候補者」育てろ…明治安田生命、人事制度を大規模改定

挑戦意欲のある職員に専門知識やスキルを習得できる機会を広く提供する(イメージ)

明治安田生命保険は、4月に大規模な人事制度改定を実施する。公募型研修の制度を充実し、より長期的視点で専門人材や将来の「経営“人財”候補者」を育てる。4月から始まる3カ年の次期中期経営計画における人材育成制度の一環となる。 新設する公募型研修は2種類で構成する。一つは企業内大学に該当する「MYユニバーシティ」。保険数理人(アクチュアリー)や資産運用、査定など10の専門分野を用意。早期の人材育成を図るため、入社歴に関係なく受講可能。講師は基本的に内製化し、自部門の魅力を発信する場としても活用する方針。初年度は約2000人の受講を想定する。 もう一つは「MYビジネススクール」。MBA科目の基礎知識を学べる講座などを用意し、将来の経営人材候補者の裾野を拡大する。目玉はデジタルトランスフォーメーション(DX)時代のビジネスモデルの検討講座だ。研修内容を日立製作所と明治安田総合研究所の3社で共同開発。将来を見据えた課題の抽出と仮説構築を反復して実施、中長期のビジネス像を探る。 両研修はともに、挑戦意欲のある職員に、自己研さんやキャリア形成につながる学習機会を提供する狙いだ。「MYユニバーシティ」は6月、「MYビジネススクール」は9月から順次開始予定。本社以外に勤務する職員も受講できるよう動画配信も準備。若手や中堅職員が積極的に参加できる環境をつくるため、管理職向けの研修などで新制度の周知徹底を進める。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集