新型肺炎の影響は?1月は売上高でコンビニと百貨店が明暗

衛生用品が好調、感染恐れ来店減少。2月は?

現在はまだマスク不足は解消されていない

新型肺炎が小売り業に影響を与えている。1月のコンビニエンスストアの売上高はマスクなど衛生用品販売が好調だったことから前年同月比0・4%増。一方の百貨店の1月の売上高は感染を恐れて来店客が減り、同3・1%減となった。 日本フランチャイズチェーン協会によると、コンビニの1月の売上高は同0・4%増の8353億円。衛生用品のほか、温かい調理麺や冷凍食品など中食が好調に推移した。客単価も同1・2%増の648・6円となった。ただ店舗数は同0・2%減の5万5581店に減少した。 日本百貨店協会によると、百貨店の1月売上高は同3・1%減の4703億円。暖冬で冬物重衣料の販売が苦戦した。1月の訪日外国人客(インバウンド)による免税売上高は同20・9%増の316億円を記録し、「(統計を取り始めてから単月として)4番目の高さだった」(山崎茂樹専務理事)。 しかし、下旬からは集客、売り上げともに厳しい状況。2月1日から17日までは、新型肺炎の影響で国内外の来店客が減り、売上高は前年同期比17%減。「これ以上感染が広がるなら休店も念頭を置くところもあるが、現時点では一般的な対応で営業を続けたい」(同)としている。 <関連記事>

続きを読む

関連する記事はこちら

特集