食パン1枚しか焼けないオーブンが人気を獲得した理由

三菱電機が2019年4月に発売した「三菱ブレッドオーブン」が人気だ。一度に食パン1枚しか焼けないが、焼きたてのような仕上がりがパンの味にこだわる消費者の心をつかんでいる。当初見込んでいた月産200台程度を倍以上に上回る売れ行きだ。 開発したのは炊飯器を手がけるチーム。三菱電機ホーム機器(埼玉県深谷市)営業部家電営業課の八百幸史晃グループリーダーは「甘さや食感など、米とパンのおいしさには共通項がある」と語る。 センシングや温度制御の技術を活用して独自の加熱方法を考案。密閉空間のおかげで食パンの水分や香り、庫内の熱が逃げないため風味が豊かで食パンの耳まで柔らかく焼き上がる。フレンチトーストなどの調理ができ、手入れのしやすさやモダンなデザインで食卓に置きやすくした。 想定価格は3万円前後。ターゲット層に商品の魅力を確実に伝るため販売方法はインターネット上のみ。“ひと味”違う戦略で得た成功体験は今後の製品開発にも生かされる。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集