タイヤのグリップ力を可視化、安全運転を支援

トーヨータイヤ開発

各タイヤのグリップ力を即時表示する(CGによるイメージ)

トーヨータイヤは走行中の車両から加速度センサーで取得したデータをもとにタイヤのグリップ力を即時推定する技術を開発した。走行中のグリップ力とその限界値をモニターなどで運転手に情報提供することで安全運転を支援する。車両の制御技術と連携すれば自動ブレーキや危険回避などの安全運転支援システムの開発につながる。自動車メーカーをはじめ部品や保険など幅広い分野での協業を進め早期の商用化を目指す。 同技術はSASインスティチュートジャパン(東京都港区)と共同開発した。タイヤや車両各所から取得したセンシングデータをもとに人工知能(AI)を使ったデータ分析でタイヤの空気圧や温度、荷重、摩耗、路面の状態などを推定する。これを走行中のアクセルやブレーキ、ハンドル操作で変化するタイヤのグリップ力の把握につなげる。 都内で開いた技術発表会で守屋学執行役員技術統括部門管掌は「今後進む自動運転でも車と路面に接するタイヤは安全を担保するデバイス。車社会全体につながる技術となる」と強調した。 テストコースでの検証を進めており、今後は公道での検証やデータ取得を進め精度を高める。 気象情報や地図情報と組み合わせればより高度な事前の危険予測につながる。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集