渋谷駅に無人ラーメン屋出現。床拭きロボットがテーブル自動清掃

アイロボットジャパン(東京都千代田区、挽野元社長)は、エースコック(大阪府吹田市)や日本マイクロソフト(東京都港区)と連携して、14日にJR渋谷駅の山手線ホームに期間限定で開く「エキナカ無人ラーメン店」に、床拭きロボット「ブラーバジェットm6=写真」を提供する。客の飲食後に同ロボがテーブルを自動で拭き掃除し飲食スペースを清潔に保つ。 ブラーバジェットm6は本体にカメラを搭載して、高度なナビゲーションを実現。ベタベタした汚れやこびりつきも、ジェットスプレーで浮かせて、きれいに拭き取るという。センサーで段差を感知するとルートを変更して、落下を回避。人が指示を出さなくとも拭き掃除ができる。 エースコックのカップ麺「ラーメンモッチッチ」を、渋谷駅構内のエキナカ無人ラーメン店「モッチッチステーション」で提供する。メーンターゲットの忙しい女性に向け、移動時間や仕事帰りなどのすき間時間で手軽なおいしさだけでなく、アイロボットの最新技術を体感できる場を提供する。開店前にはロボ掃除機「ルンバi7+」が店内を走行し、無人で清掃を完了する。 モッチッチステーションは期間限定でオープンし、14―28日のうち平日と24日を含む11日間。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集