伊藤忠が出資を決めた人型AIエージェント「コネクトーム」とは

人手不足への対応や広告などでの活用が期待される

伊藤忠商事は、人工知能(AI)開発のスタートアップであるクーガー(東京都渋谷区)と資本業務提携することで基本合意した。出資額は非公表だが、数億円とみられる。 クーガーが独自開発した人型AIエージェント「コネクトーム」は、表情や動作を交えて人とコミュニケーションを図ることが可能。一般的な音声AIエージェントと比べると、問いかけに対する応答などの反応率が高いという実証結果も出ているという。 伊藤忠商事は自社が持つネットワークを活用するなどし、同社の国内外への展開を支援していく。と同時に、生活消費関連、介護、教育、エンターテインメントなどの分野で、同エージェントを活用した課題対応・サービスの開発に取り組む。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集