カネボウが高付加価値“洗顔"で成長市場を攻める

カネボウ化粧品は、スキンケアブランド「suisai(スイサイ)」を、3月1日から洗顔に特化したブランドに刷新する。クレンジング料と洗顔料5品目5品種を発売し、高付加価値洗顔ブランドとしての存在感を確立する。参考価格は900円―2400円(消費税抜き)。ドラッグストアなどで幅広く展開する。 各アイテムごとに、適した洗浄成分と保湿成分を配合した。肌のうるおいを守りながら汚れを落とし、透明感のある肌へと整える。 洗顔料には珍しいパウダータイプも用意している。毛穴の黒ずみ汚れや角栓、ざらつきを取り去る酵素洗顔料として展開しており、既にブランドを代表する製品となっている。 現在、クレンジング料・洗顔料市場は拡大傾向にあり、特に高付加価値商品が人気を博しているという。ユーザーのニーズをつかみながら、洗うことの大切さを訴求していく。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集