マエケンも利用中!HALで運動成績向上プログラム

障がい者や高齢者の身体機能回復だけじゃないサイバーダイン

「HAL」腰タイプを使用する前田選手

サイバーダインはIWA JAPAN(東京都千代田区、内田康貴代表理事)と共同開発を進めていた、アスリート向けのパフォーマンス向上プログラム「IWA式ニューロHALプラス」を始めた。 脳神経由来の生体電位信号を活用し、脳神経や身体系機能の改善効果を持つ装着型サイボーグ「HAL」の原理をトップアスリート向けに適用。脳神経や筋系のパフォーマンス向上、筋肉の収縮と弛緩(しかん)の最適タイミングやバランスの調整で、優れた効果が期待できるとしている。 サイバーダインとIWA JAPANが運営する四ツ谷ロボケアセンター(東京都千代田区)で、プロのアスリートによるプログラム体験を開始済み。プログラム終了後、走力や跳躍力、スイングスピード、球速の向上などが実感できたという。プロ野球の前田健太選手をはじめ、テニスやゴルフ、スノーボードの選手らが成績向上のため、プログラムを利用しているとする。 HALの利用はこれまで障がい者や高齢者、入院患者の身体機能回復向けに使われることが多かったが、今回のプログラムを機にトップアスリートなどスポーツ向けにも展開を加速する。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集