現金引き出したら家族に通知。NTTデータ、預金口座見守りサービス提供

NTTデータは、家族の預金口座取引を見守るサービスを秋に提供する。預金を引き出した場合などは、家族のスマートフォン用アプリケーション(応用ソフト)に取引通知が届く。通知や照会範囲は利用者が自分で設定できる。金融取引に不安を抱える利用者を家族が見守ることで、安心して金融サービスを受けられる「フィナンシャルインクルージョン(金融包摂)」の実現を目指す。 同サービスは、銀行店舗窓口や現金自動預払機(ATM)、インターネットバンキングで預金の引き出しなどを行った際に家族などへ取引内容を通知するもの。 例えば、1人暮らしの親の取引が心配な家族や夫婦間での取引状況の共有、離れて暮らす子どもの預金把握などを想定する。インターネットバンキングの利用率が比較的低い高齢者向けには設定を書面で受け付け、銀行職員が登録できる機能も用意する。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集