突然の雨でも安心!広がる傘シェアリングサービス

最寄り駅にも専用の傘置き場を設置し、貸し出しと返却ができる

 【横浜】京浜急行電鉄は、分譲するマンション入居者向けに傘シェアリングサービス「アイカサ」を2021年3月に始める。1時間以内の利用であれば無料となる。マンションの最寄り駅にも専用の傘置き場を設置し、双方で貸し出しと返却ができる。同社によると傘シェアリングの無料サービスは日本で初めてという。  同サービスはネイチャーイノベーショングループ(東京都渋谷区)が提供する。横浜市港南区の「プライムパークス上大岡ザ・レジデンス」と川崎市川崎区の「プライムスタイル川崎」のほか、京急の最寄り駅である上大岡駅と京急川崎駅に専用傘置き場を設ける。  急な雨でも自宅に傘を取りに行かなくても利用できる。持ち出し可能で、24時間以内の利用料は70円(1本当たり、消費税込み)。月額420円(同)でも貸し出す。外出先で雨に降られても傘を購入せずに済む。今後は対象駅の拡大や他の分譲マンションとの連携も図っていく。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集