小型SUV「キックス」、日産がタイから逆輸入のワケ

日本で来春発売

日産の小型SUV「キックス」

 日産自動車は2020年初頭からタイで小型スポーツ多目的車(SUV)「キックス」の生産に乗り出す。タイで現地販売するほか、日本でもタイから輸入して販売する。独自のハイブリッド車(HV)技術「eパワー」を搭載した仕様で、年10万台前後を生産する見込み。日本では、19年内に生産を終える「ジューク」に代わる小型SUVと位置付ける。HVなど電動車製造に対し優遇措置を用意するタイで生産し、投資を効率化する。  タイ生産のキックスは日本では20年春に発売する予定。日産と取引の多い複数のサプライヤーによると、生産比率は日本向け7割、タイ向け3割程度とみられる。現在、日産はタイで生産した小型車「マーチ」を日本でも販売している。  キックスは16年8月にブラジルを皮切りに販売を始め、ほかの南米諸国や北米、中国に展開を広げた。ブラジル、メキシコ、中国の3カ国で生産しており、ここにタイが加わる。eパワー搭載車の海外生産は初めてのケースとなる。  タイは電動車の現地生産を促進するため、生産設備の輸入税免除や物品税を減額する制度を17年に導入した。日産は同制度を活用し、キックス生産の投資コストを抑える意向。  日産は経営再建の一環で22年度までに車種数を10%以上削減する方針。国内でもキックスを投入する代わりにジュークは廃止し、モデル数の増加を抑える。生産体制、商品ラインアップの両面で投資効率の最適化を図る。  タイの電動車生産の優遇制度はHVのほか電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)も対象で、日産のほかトヨタ自動車やホンダ、三菱自動車が適用を申請した。今後、日本メーカーによる電動車のタイからの輸入が増える可能性もある。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集