プリファード・ネットワークスと花王が協業の狙い

皮脂RNA分析、肌に合った製品提案

協働を発表した左から沢田道隆花王社長、長谷部佳宏花王専務執行役員、岡野原大輔PFN副社長、西川徹PFN社長

 花王は20日、皮脂からリボ核酸(RNA)を抽出、分析する「皮脂RNAモニタリング技術」の実用化について、プリファード・ネットワークス(PFN、東京都千代田区)と協働すると発表した。皮脂RNAから得られたデータに機械学習・深層学習などの人工知能(AI)技術を応用。各自の肌状態に合った美容カウンセリングサービスの構築を目指す。2020年春に、BEAUTY BASE by Kao銀座店(東京都中央区)で試行を開始したい考えだ。  花王は人間の皮脂にRNAが発現していることを発見。約1万3000種類を抽出して発現量を測定し、肌の状態データを取得することに成功した。「皮脂RNAモニタリング技術」と称し、実用化を目指してきた。  同技術にPFNのAI技術を取り入れる。分析精度とスピードが上がるほか、肌を診断するのに発現量分析が必要なRNAを絞り込めるという。皮脂RNAから肌状態を診断し、最適な製品を提案できるところまでサービスを高める。  花王の沢田道隆社長は「データを積み重ねると予測が可能。“予防コスメ”で数年後の肌を良い状態にする使い方も期待できる」と話している。  同技術は医療業界での活用にも期待がかかる。パーキンソン病などの難治性疾患の早期診断での活用も視野に入れ、研究を進めているという。 日刊工業新聞2019年11月21日

続きを読む

関連する記事はこちら

特集