来年6月開業、東京メトロ新駅「虎ノ門ヒルズ」の全貌

開業時北千住方面行きホームイメージ(東京メトロプレスリリースより)

東京メトロは11日、日比谷線の神谷町―霞ケ関駅間に建設中の新駅「虎ノ門ヒルズ」を2020年6月6日に開業すると発表した。東京五輪・パラリンピック開催前に暫定的に供用。「まちと一体となった新たな駅」をコンセプトに開発を進めており、最終完成時には地下2階の駅広場とつながり、近隣の再開発施設への移動をスムーズにする。 銀座線・虎ノ門駅までの435メートルを地下通路でつないで乗り換え可能とするほか、湾岸エリアへのバス高速輸送システム(BRT)と接続し、交通結節機能の強化を図る。 開業と同時に、日比谷線の虎ノ門ヒルズ駅および霞ケ関―北千住駅間で、訪日客への案内にも活用される“駅ナンバリング”を変更する。山村明義社長は「前広に衆知していきたい」と話した。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集