NEC、仮想化技術「コンテナ」活用加速の狙い

配置・運用一貫サービス

NEC公式フェイスブックページより

NECは、軽量で移行性に優れたリナックスの仮想化技術「コンテナ」に対応したアプリケーション(応用ソフト)の開発・活用を加速するマネージド型サービスを2020年4月から順次提供する。デジタル変革(DX)による新規事業の立ち上げや既存の業務システムのクラウド環境への移行などの多様な顧客ニーズに応える。 さまざまな環境で稼働する数多くのコンテナを効率よく管理できる業界標準の「クバネティス」を用いたプラットフォーム(基盤)サービスを提供する。コンテナ技術領域の高度人材を20年度末までに500人育成し、コンテナの配置・展開から運用を一貫して管理するサービス(マネージドサービス)で業界に先駆ける。 マネージドサービスでは、NECの「クラウドIaaS」や「アマゾン・ウエブ・サービス(AWS)」、「VMウェア・クラウド・オン・AWS」などの複数のクラウドサービスと、米レッドハットが提供するコンテナ対応アプリ基盤「オープンシフト」や米ヴイエムウェアの「エンタープライズ PKS」を組み合わせる。 NECはレッドハット(東京都渋谷区)のパートナープログラム「認定クラウド&サービスプロバイダープログラム」に沿って、オープンシフトの最新版を用いたシステム構築・運用を確立し、マルチクラウド環境に対応する。 併せて、ヴイエムウェア(東京都港区)との連携も強化。「VMウェア・エンタープライズ・PKS」によるクラウドIaaSの拡充に加え、VMウェア・クラウド・オン・AWS上でのコンテナアプリケーションの稼働環境にも対応する。 このほか、生体認証を活用したコンテナアプリも順次提供する。第1弾として顔認証技術に対応する。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集