【動画あり】重さ199で飛行申請不要ドローン発売

MAVIC MINIを手にする呉社長(右)

 DJI JAPAN(東京都港区、呉韜〈ご・とう〉社長)は31日、機体重量を199グラムに収めた飛行ロボット(ドローン)「MAVIC MINI」を11月に発売すると発表した。200グラム未満のため法規上は模型航空機に分類され、ドローンに必要な飛行申請が要らない。家の庭やアウトドアなどで、より気軽にカメラを飛ばして撮影できる。消費税込みの価格は4万6200円。日本市場向けに開発した。  海外では245グラムの機体を日本向けに199グラムまで軽量化した。飛行時間は18分間で秒速7・9メートルの風の中でもホバリングできる。2・7Kカメラを3軸のジンバル機構で安定化させる。  被写体の人物を認識して周囲を旋回撮影するなど、複数の飛行モードを用意した。  アプリケーション(応用ソフト)としてドローン飛行や映像編集などの支援機能を整え、空撮初心者の入門機として提案する。  ドローンの規制対象にはならないため、飛行計画の申請認可の手続きが不要。だが空港や人口集中地区などの上空では飛ばせない。プライバシー侵害などの問題もあるため、ユーザーにはモラルが求められそうだ。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集