ヤフー元社長が東京都副知事として最もやりたいこと

宮坂学氏インタビュー

都知事活動レポート公式FBページより

 小池百合子都知事の肝いりで9月20日付で東京都副知事に就任したヤフー元社長・会長の宮坂学氏。民間出身の副知事は石原慎太郎都政での猪瀬直樹氏以来12年ぶりだ。第5世代通信「5G」を都市全体に整備する「東京データハイウェイ基本戦略」を策定し、新たな産業を生み出すことを目指す。民間での経営手腕をどう発揮するのか、聞いた。  ―副知事として一番やりたいことは。  「デジタルを推進するチームを作って残すこと。長期的に残すべき最大のレガシー(遺産)は、自分の代を契機に東京都に情報通信技術(ICT)職ができてICT人材はすごく大事だと認識され、デジタル部隊が都の中に塊として存在すること。今、日本の行政全体でデジタルトランスフォーメーションを担う人数があまりにも少ないことが大きな問題だ」  ―25日までICT人材を募集し、12月16日に新部隊が発足、スタートします。  「コーディングできるエンジニア、スタートアップに詳しい人、サービスを作ったことがある人、オペレーション、運用ができる人。スピード、規模感で勝つことを急いでやらないと、世界の都市間競争で勝てない」  ―民間企業を支援するだけでなく、都自らローカル5G事業をやるとのことです。  「庁内はほぼ全局回った。結構アイデアもいただいている。基礎自治体のICT担当者や市長にも10人ぐらい会った。モバイルインターネットは水道と電気の次に大事なライフラインなので、まずは東京から“つながらない”をなくしたい」  ―地方との共存共栄と、東京の稼ぐ力を増強するには。  「都市のこれからの成長にとってインターネットは最需要なインフラだ。新しいチャレンジャーにどんどんチャンスを与えることが大事で、都が自らモデルとなり、他の自治体もインターネットを中心に置いて産業育成や行政のデジタル化する動きが起きるのではないかと期待している」 【記者の目/デジタル化、早期実現に期待】  現状比100倍以上の通信速度でつながる5Gの生活は、あらゆる分野で利便性が向上する。宮坂副知事は「行政サービス、新しいイノベーター、若き起業家を私自身がコネクターとなりつなげ、都市全体のデジタル化、都庁のデジタル化を進める」と意欲満々だ。新しい風は吹き込まれた。早期の実現を期待したい。 (聞き手・大塚久美)

続きを読む

関連する記事はこちら

特集