【祝・卒寿】国産の鉄道時計は今年で90歳

セイコーウオッチが記念モデルを発売

 セイコーウオッチ(東京都中央区、高橋修司社長、03・3564・2111)は、国産鉄道時計の誕生90周年を記念した限定モデル「SVBR007=写真」を11日に発売する。14日の「鉄道の日」にちなんだ1014本の限定販売で、価格は6万円(消費税抜き)。  1929年(昭4)に国産初の運転士が使う鉄道時計に指定された機械式19型懐中時計「セイコーシャ」のデザインを踏襲。針の色にネイビーを採用して時刻を読みやすくしている。イエローゴールドのケースや、90歳の「卒寿」を祝う紫色の提げひもで特別感を演出した。裏ぶたにはシリアルナンバーを入れる。  ケースはステンレス製で、外径50・4ミリ×厚さ13・4ミリメートル。重さは82グラム。駆動方式は電池式クオーツで、電池寿命は約10年。 「鉄道の日」は鉄道記念館も誕生日 懐かしの鉄道の記録はこちらから

続きを読む

関連する記事はこちら

特集