ヤンマーミュージアム一新!トラクターや建機の体験型施設に

クリエーティブディレクター・佐藤可士和さん全面監修

 遊びながら当社の事業も知って―。ヤンマーは26日、10月5日にリニューアルオープンする企業ミュージアム「ヤンマーミュージアム=写真」を報道関係者に公開した。同施設は2013年にヤンマー創業者、山岡孫吉の生誕地である滋賀県長浜市に開設。今回はクリエーティブディレクターの佐藤可士和さんが全面監修しチャレンジをコンセプトにした体験型施設になった。  館内では農業機械のトラクターによる耕うん作業や、小型建設機械の操作ができるコーナーなど、子どもたちが遊びを交えて楽しみながら体験できるコーナーが数多く設けられている。  施設の山本昇館長は「当社の情報発信の基地としたい」と話した。ヤンマーの新ロゴマーク策定などに携わってきた佐藤さんは「(同社のブランドイメージとしても)変わってきた手応えがある」と力を込めた。新施設は2階建てで延べ床面積は旧施設と同等の約3000平方メートル。改装費は非公表。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集