いまさら聞けないことをこっそり学ぶ…「ポイント還元って何?」

ものたんが聞くQ&A

【A.キャッシュレス購入で値引き】  10月1日から消費税率が8%から10%に上がるね。中小小売店でキャッシュレス決済をした場合、購入額の5%または2%のポイント還元があるんだ。どんな中身なのか、ものたんが担当記者に聞いてみたよ。 【Q】ポイント還元って何かな。 【A】中小小売店で買い物をした時、現金ではなくクレジットカードや電子マネーなどで支払うと、購入者には購入金額の5%分をポイントで還元します。全国展開するコンビニエンスストアでは2%分が還元されます。コンビニで税込み1000円の商品をキャッシュレスで買えば、20円が還元されることになります。実施期間は増税開始の10月1日から2020年6月末までの9カ月間限定です。百貨店や大手スーパーはポイント制度の対象外です。 【Q】なぜポイント還元をするのかな。 【A】増税後の個人消費の落ち込みを防ぐ狙いです。20年の東京五輪・パラリンピックまでに、国内でキャッシュレス決済を普及させる目的もあります。 【Q】どの店でも還元されるのかな。 【A】事前に経済産業省に参加登録している中小小売店が対象です。9月6日時点で約60万店が参加を申請しています。マクドナルドなどはフランチャイズチェーン(FC)店で2%を還元しますが、直営店では実施しません。お客さんにはFC店か直営店かをホームページなどで告知する予定です。コンビニでも大企業が経営するFC店では実施しない店も出てきそうです。 【Q】ポイントはどんな形でつくのかな。 【A】コンビニでは、購入したその場で2%が値引きされます。JCBや三井住友カードなど大手5社のクレジットカードで支払えば、毎月の請求金額からポイント還元分を差し引くことになりました。実質、値引きとなり、ポイント失効の心配をしなくて済みます。(火曜日に掲載)

続きを読む

関連する記事はこちら

特集