腕時計にF1エンジン素材搭載。カシオ、ホンダとコラボ第2弾

 カシオ計算機は、高機能メタルウオッチの「エディフィス」ブランドから、ホンダが全世界で展開している「ホンダレーシング」との協業モデル第2弾を10月18日に発売する。ホンダのパワーユニット開発を担う本田技術研究所HRD・Sakuraと共同開発した。全2機種で、限定900個の「EQB―1000HRS=写真」は11万円(消費税抜き)。限定2900個の「同1000HR」は6万2000円(同)。  EQB―1000HRSのベゼル(ガラス外周部)には、フォーミュラワン(F1)エンジンのバルブに用いる合金素材「チタンアルミナイド」を使用。エンジン内部に用いるダイヤモンドライクカーボン(DLC)加工も表面に施した。  EQB―1000HRSのバンドは丈夫なケブラー繊維を含むナイロン製。同1000HRはステンレスバンドを採用。文字盤は赤と黒のグラデーションで、エンジンシリンダーの中で点火した瞬間の燃焼をイメージした。  大きさはいずれも縦49・9ミリ×横45・6ミリ×厚さ8・9ミリメートル。太陽光で駆動する「タフソーラー」や、スマートフォンとの連携機能を搭載する。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集