ソニーが開発、どこからでも映像を視聴できる円筒形の透明スクリーンディスプレー 

CG関連技術の世界最大規模の国際会議に出展

 ソニーは、周囲360度のどこからでも映像を見られる円筒形の透明スクリーンディスプレー(写真)を開発した。米カリフォルニア州で1日まで開かれたコンピューターグラフィックス(CG)関連技術の世界最大規模の国際会議「シーグラフ2019」に出展した。ホログラムスクリーンを新たに開発し、従来の透明ディスプレーの課題を克服した。開発費用は非公表、商品化の予定は未定。  ディスプレーの大きさは直径100ミリ×高さ112ミリメートル。光は透明な物体を透過するのが一般的だが、新開発のホログラムスクリーンは、高い透明度と高輝度な映像の表示を両立できる。独自の円筒投影光学設計により、全方位から鮮やかな映像を視聴可能。新たな映像体験や空間演出の提供で活用を見据える。  シーグラフでは高速カメラと組み合わせた映像表示や、複数台のディスプレーを用いたデモンストレーションも実施した。ディスプレーの映像と音楽をジェスチャーで操作できるアプリケーション(応用ソフト)も出展した。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集