SDGsの社員浸透へ続々登場、楽しく学ぶ「ゲーム」のルール

カードゲーム、ボードゲームが誕生

カードゲームで楽しみながらSDGsの世界を体験するSOMPOHD有志社員

 持続可能な開発目標(SDGs)を学べるゲームが登場している。社員研修の教材となるものから、技術者が楽しめるゲームまで種類も増えてきた。CSR推進団体のグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンなどの調査によると、SDGsが社員に定着した企業は1割にとどまる。現場社員への浸透のためにゲームの活用が広がりそうだ。  SOMPOホールディングス(HD)の有志社員48人は就業後、SDGsを学ぶゲームイベントを開いた。各チームにカードが配られるとゲーム開始。カードにはプロジェクトが書かれており、各チームは目標達成に向けて実行するプロジェクトを次々と選んだ。  しばらくすると中間評価の時間を迎えた。ホワイトボードには「経済20 環境3 社会1」と表示され、司会者は「皆さんの活動が世界に影響を与えた。経済は絶好調、環境は危機、社会は分裂」と解説した。プロジェクトには交通インフラ整備、大規模農業、リサイクル法強化などがあり、実行するごとに世界の経済、環境、社会の状況が変わった。  再開し「2030年」を迎えるとゲーム終了。世界は「経済22 環境7 社会11」と変化した。参加者は「前半は経済優先だったが、世界の状況を知ったので後半は環境、社会を意識した」と感想を語った。  ゲームは一般社団法人「イマココラボ」が考案した。SDGsが目指す経済、社会、環境が調和した世界を体験できる。有志社員代表の井上知亜紀さんは「本業にSDGsをどう生かすか、考えるきっかけにしたい」と語った。イマココラボはゲームを多くの企業に活用してもらおうと進行役を育成しており、今回の司会を務めた荒木朋之さんもその一人。荒木さんは他社に勤務し、企業などの依頼でゲームを進行している。  SDGsを体験できるボードゲームもある。さいころを振って進んだマスにあるミッションを実行し、社会課題を解決してSDGsの17目標のスコアを高めていく。参加者は大企業、ベンチャー、大学、慈善団体と役割分担され、資金力に差がある。ミッション遂行の資金が不足した参会者は、他者に協力を呼びかける。  協業がないとゴールに到達しないようにできている。ゲームを開発した未来技術推進協会の小野洋平さんは「自分と世界のどちらを優先するのか、ジレンマを感じる局面もある」と工夫を明かす。  同協会は所属企業を超えた技術者が集まっており、ゲームにも技術者のこだわりがある。例えばミッションには実社会で実用化された事業があり、「人工知能(AI)があったらもっと良かった」といった感想を言い合える。協会の草場壽一代表理事は「課題解決に必要な技術を考える機会になる」と期待する。 千葉商科大と取り組むSDGs勉強会の最終回です。今回、SDGsに取り組む女性社長をお招きし、失敗談を交えながら中小企業ならではの課題を話し合います。 参加費無料/我が社のSDGs勉強会 全3回シリーズ           スモールスタートで始める 企業活動に役立つSDGs ■□2019/6/20(木)16:30~18:00(定員130名) @千葉商科大学□■ 千葉商科大学、日刊工業新聞社共催の「第3回 わが社のSDGs勉強会」をご案内いたします。企業活動に役立つSDGsとは何か? 経営・事業に どのような効果があるのか? SDGsをどのように始めたらいいのか?といった皆様の疑問にお答えいたします。 最終回の3回目の今回は「Think globally, act locally」です。皆様のご参加をお待ちしております。 ◎今回が初めての方もご参加いただけます。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集