キヤノン、セブン&アイ…名経営者17人が語る未来への提言

連載「ポスト平成の経営者」

 平成の約30年間、急激なグローバル化やバブル崩壊、IT革命の中で企業の変革に取り組んだ経営者は何を思い、次の「令和」の時代に何を残したいのか。電機やエネルギー、商社、流通など多様な業界の経営者へのインタビュー「ポスト平成の経営者」を公開。(名前をクリックすると各インタビュー記事へ移動します。肩書きは新聞掲載当時のもの) 【平成の経験に学ぶ】 なぜしょうゆはグローバル化できたのか キヤノン流・グローバル経営の極意 平成の失敗から学ぶべきこと 生保危機を退けた『徳目』 日本経済に必要な規制改革 日立と東電の再建から見えること 10兆円超の巨大グループの礎 中堅企業から世界最大手へ 石化業界初の抜本改革が成功した秘訣 「破壊と創造」は松下をどう変えたのか 協調共栄で日本が再成長する道 リーダーに必須の力とは 【若手経営者が令和の時代に描く夢】 ドローンで世界首位へ ミドリムシで世界を席巻する 誰もが自分でロボットを動かす、想像もつかない世界実現 進む先にあたかも何の障害もない世界へ 民間の力で宇宙業界を変える 【番外編 テクノロジーと経営】 コンピューターが企業を変えた平成。令和時代のイノベーションに必要な力とは?

続きを読む

特集