《ヤマハ編》ザ・インタビュー~「ボーカロイドの父」新たな挑戦(後編)

剣持秀紀ニューバリュー推進室室長「若い人たちに成功の実感を味わってもらうことが正しい方向性」

 後編は剣持さんの新しいプロジェクトに話が展開していきます。  「結局、剣持さんが決めちゃうんでしょ」という空気を変える  ―ヤマハに入るきっかけを教えて下さい。  「大学での専攻は電波。その中でも波長が低くて60ヘルツぐらいの電波で、地球の周りのプラズマで自然発生するものを扱っていました。そのような電波を人工衛星『あけぼの』のアンテナで観測して、データを信号処理して到来方向を推測するような研究です。今年、『あけぼの』引退のニュースをみて懐かしくなりました」  「信号処理とかソフトウェアの素養がヤマハで生かせるんじゃないか、と考えたのと、地元の静岡(ヤマハの本社は静岡県 浜松市)に戻ろうと。小さいころはピアノ教室にも通っていて、家のピアノもヤマハでしたから」  ―会社生活で曲折がありながら、今では「ボーカロイドの父」と呼ばれています。  「ちょっと恥ずかしいですけど、企業人としては嬉しいです。ヤマハの楽器のことを知らなくても、ボーカロイドのことは知っている子どももたくさんいますし、『こういう面白いことをやっている会社なんだ!』ということを世の中に伝えられたのかな、と思っています」  ボーカロイドの学会発表を積極的にやったことで他の分野にも波及   ―ビジネス面以外でボーカロイドが社内に生み出した価値があったとすれば。 「一つは、学会発表をより積極的にやるようになったことでしょうか。ヤマハは以前から建築音楽の分野で学会発表とかもしていましたが、他の分野ではあまりしていませんでした。以前は、ノウハウを外に話すのはどうなのか、という雰囲気もあったかもしれません」  「ボーカロイドの研究開発では意識的に発表をやって、学会で仲間が見つかったり、それで共同研究につながったりしたケースもあります。あとは、リクリーティングの面でも音声分野の技術系の学生さんが希望して入ってくれるようになりましたね」  ―これからもっと「ボーカロイド」が広がる可能性がある中で、今年1月にプロジェクトから外れました。ご自身の意向ですか。  「15年もボーカロイドをやってきて悪い面も出てきていると思うんですよ。私がやってもできないこともある。上の人には2011年くらいから将来は別のことをやりたいと伝えていました」    ―結構前からですね。具体的に悪い面とは。  「『結局、剣持さんが決めちゃうんでしょ』という空気があるように感じました。また、会議で高圧的になったり、自分の考えを押しつけてしまったり、振り返るとそういう部分が実際にあったかなと。ただ同じ仕事を10年以上、ヤマハの中でやらせてもらった事は本当にありがいことです」  ―次のポジションは新規事業を支援するニューバリュー推進室のトップです。これもご自身の意向ですか  「いえ。上からです。去年の12月21日に呼び出されて1月1日付で、と言われました。聞いた時は、大変そうだけど面白そうだと思いましたね。あと、あいさつ回りが大変だなと(笑)」  「クリプトンの伊藤さん、佐々木さんとかには要件を言わず、新年早々アポだけを入れて札幌に行きました。異動の件を話した時は、非常に驚かれましたが、特に不安のような事は表だって言われませんでした。内心はどうお感じになったかは分かりませんが、半年が過ぎて、自分がいないチームも新しいカラーが出てきて良かったと思っています」  ―新しい部門の役割は。 「社内で新しい事業や商品のアイデアを常に募集して、それが良いものであれば、顧客への価値を検証して、事業化をお手伝いすることです。事業提案という仕組みはこれまでにもあったんですが、今回は常に受け付けるようになったことがポイント。社内のインフラにしてしまって、アイデアに対し社員の知恵を結集させるんです」  「新しいことをやる時、考えることは大事ですが、その時にどう動くかが重要で、まず走り始めないといけない。ニューバリュー推進室は事務局みたいなものです。すでに200以上のアイデアがあって、面白いものもあります。具体化させるのはもう少し先ですが、とにかく早くやりたいですね」  ―どのような人たちや部門から提案が多いですか。 「若手の技術系が多いですが、50代の人もいます。営業の方々もがアイデアを持っていると思います。それらをうまく吸い上げて何とか実現したい。今は恥ずかしがって提案していない人も多いけど、『こういう商品があれば絶対に売れるのに』という思いはあるはず。我々が社内の人々をマッチングさせていきたいですね」  ―他社と組むケースとか。 「手段としては考えています。ヤマハだけで実現できないことも多い。ただ組むことが目的になってはダメですけど」  大企業は「何とかして成功してやろう」という執着心が弱い  ―剣持さんは支援者側になりましたが、もう一度、自分が新規事業をやってみたい気持ちはありますか。  「しばらくは支援者でいたい。ボーカロイドで勉強させていただいたことを、おこがましいですが助言できればいい。若い人たちに成功の実感を味わってもらうことが、正しい方向性だと思います。私がしゃしゃり出ると、提案者からしたら『俺のを横取りしやがって』となってしまうので」  ―剣持さんにとってベンチャーとはどういうものですか。  「(クリプトンの)佐々木さんと話していると、すごく気持ちの強さを感じます。伊藤さんもそう。彼らには、真剣さというか、『何とかして成功してやろう』という執着心がある。ヤマハが大企業か分かりませんが、大手企業はそこが弱いように感じる。自分が合弁会社に出向していた時もそうでしたが、雑用を含め結局自分でやりきらなければいけない。いろんな経験ができる点はベンチャーの良いところですね」  ―茶髪はいつからですか。  「2000年からです。覚えてもらいやすいのと、何か責任取る時に黒髪にすればいいかな、と思って(笑)」  <プロフィール>  剣持秀紀(けんもち・ひでき)事業開発部ニューバリュー推進室室長 京大大学院工学研究科で電気電子工学を専攻、1993年ヤマハ入社。96年から出向先企業で音声合成の研究を始める。ヤマハに戻った後、2000年から研究チームのリーダーとして「VOCALOID(ボーカロイド)」の開発に本格的に取り組み、2007年にはVOCALOID2を発表。これを採用したクリプトン・フューチャー・メディアの初音ミクが大ヒット、バーチャル音楽の潮流を作った。今年1月から現職。高校生の時にバイオリンの演奏を始め、今の地元の市民オーケストラに参加し、多くのコンサートに出演している。1967年、静岡市清水区(旧清水市)生まれ。 (ニュースイッチ編集部、取材協力=トーマツベンチャーサポート)

続きを読む

特集