VRで商品選び、LIXILが新施設をオープン

最新の商品も展示、設置イメージをよりリアルに

新施設の「LIXIL Digital Studio GINZA」

 LIXILは仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などのデジタル技術を活用するデジタル施設(東京・京橋)を19日に初めてオープンする。従来のショールームにはないバーチャル提案が可能で、潜在顧客層に向けて情報発信し商品などを提案する。  新施設「LIXIL Digital Studio GINZA=写真」は、VRやARが体験できる空間と商品展示の二つの空間で構成。VR体験ではヘッドマウントディスプレーを装着することで、キッチンやバスルームのある空間が360度広がる。商品を設置した空間をよりリアルにイメージできる。  バーチャルによる商品イメージ以外に最新のトイレや洗面化粧台など実物商品も展示する。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集