官僚の夏、人事の夏。新しい「霞が関の顔」まるっと早わかり

不祥事の影響で幹部人事が混迷した財務省(麻生財務大臣)

 2018年夏の霞が関人事。不祥事や疑惑が発覚した財務省、経済産業省、文部科学省は再出発を期す体制を整えた。財務省は7月27日付で、セクハラ問題により辞任した福田淳一前事務次官の後任に岡本薫明主計局長(57)を起用。決裁文書改ざん問題で辞任した佐川宣寿前国税庁長官の後任に藤井健志同庁次長(55)を充てるなど重要ポストに実力者を配置し、不祥事に伴う負のイメージ払拭(ふっしょく)を目指す。今後、各省いずれも厳しい視線の中、信頼回復に向けた実行力が問われる。  財務省は、福田氏の辞任以来約3カ月続いた次官級2人が不在という異例の事態にようやく終止符を打った。岡本氏の後任の主計局長には太田充理財局長(58)、太田氏の後任の理財局長に可部哲生総括審議官(55)が就いた。  信頼回復に向け、岡本氏を議長とする「コンプライアンス(法令順守)推進会議」を新設。第三者の視点を取り入れるため、ボストンコンサルティンググループの秋池玲子シニア・パートナー&マネージング・ディレクター(54)を参与に迎えた。組織立て直しを急ぐ。  次官選びをめぐっては、文書改ざんが行われたとされる17年2―4月に、岡本氏が国会対応や文書管理の責任者である官房長だったため、複数の人事案が浮上した。水面下で幹部人事を官邸主導で進めたい内閣人事局との綱引きがあったと見る向きもある。  麻生太郎財務相は“最強官庁”と呼ばれる財務省の再生に取り組むとした。今回の幹部人事について「これがベスト。岡本氏はこれまで組織の中核を担ってきた。財務省の再生にふさわしい人物だと思っている」とし、岡本氏の次官就任を疑問視する見方を一蹴した。  文科省は27日付で、退任した伊藤洋一文部科学審議官の後任として、山脇良雄内閣府政策統括官(58)を登用。文科省の支援事業をめぐる汚職事件で逮捕、起訴された佐野太前科学技術・学術政策局長に代わり、戸谷一夫事務次官が兼務する形にしていたが、兼務を解き、松尾泰樹官房審議官(55)を充てた。官房総括審議官には生川浩史内閣府官房審議官(57)を起用した。  経産省は「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題で国会に参考人として招致されていた柳瀬唯夫経済産業審議官が退官。後任に前商務情報政策局長の寺沢達也氏(57)が就いた。  世耕弘成経産相は柳瀬氏について「今回の人事と(加計問題)は関係ない」と否定。だが省内には、実力者がわずか1年で退官することを惜しむ声もある。  寺沢氏は通商政策に精通し、省内でも「才人」「何事にも手を抜かない」と評される。保護主義をひた走るトランプ米政権との熾烈(しれつ)な交渉をどのように乗り切っていくかが注目される。 ◆財務事務次官 岡本薫明氏(おかもと・しげあき)83年(昭58)東大法卒、同年大蔵省(現財務省)入省。15年官房長、17年主計局長。愛媛県出身。 ◆総括審議官 茶谷栄治氏(ちゃたに・えいじ)86年(昭61)東大法卒、同年大蔵省(現財務省)入省。12年秘書課長、15年主計局次長。奈良県出身、55歳。 ◆主計局長 太田充氏(おおた・みつる)83年(昭58)東大法卒、同年大蔵省(現財務省)入省。15年総括審議官、17年理財局長。島根県出身。 ◆関税局長 中江元哉氏(なかえ・もとや)84年(昭59)東大法卒、同年大蔵省(現財務省)入省。12年8月官房審議官(主税局担当)、同年12月首相秘書官。大阪府出身、57歳。 ◆理財局長 可部哲生氏(かべ・てつお)85年(昭60)東大法卒、同年大蔵省(現財務省)入省。15年主計局次長、17年総括審議官。東京都出身。 ◆国税庁長官 藤井健志氏(ふじい・たけし)85年(昭60)東大法卒、同年大蔵省(現財務省)入省。16年主計局次長、17年国税庁次長。島根県出身。 ◆財務総合政策研究所長 美並義人氏(みなみ・よしと)84年(昭59)東大法卒、同年大蔵省(現財務省)入省。15年主計局次長、16年近畿財務局長。奈良県出身、58歳。 ◆経済産業審議官 寺沢達也氏(てらざわ・たつや)84年(昭59)東大法卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。08年経済産業政策局経済産業政策課長、11年首相秘書官、13年商務流通保安審議官、15年貿易経済協力局長、17年商務情報政策局長。大阪府出身。 ◆官房長 糟谷敏秀氏(かすたに・としひで)84年(昭59)東大法卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。08年経済産業政策局企業行動課長、11年通商政策局通商機構部長、13年総括審議官、15年製造産業局長、17年経済産業政策局長。兵庫県出身。 ◆総括審議官 田中茂明氏(たなか・しげあき)87年(昭62)慶大経卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。10年製造産業局自動車課長、12年内閣官房内閣参事官(日本経済再生総合事務局)、15年官房審議官(経済社会政策担当)、17年同(競争力担当)。東京都出身、54歳。 ◆経済産業政策局長 新原浩朗氏(にいはら・ひろあき)84年(昭59)東大経卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。07年経済産業政策局産業組織課長、10年首相秘書官、11年資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部長、16年内閣府政策統括官(経済財政運営担当)。福岡県出身。 ◆産業技術環境局長 飯田祐二氏(いいだ・ゆうじ)88年(昭63)東大経卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。08年経済産業政策局産業再生課長、11年官房参事官(エネルギー政策担当)、13年資源エネルギー庁官房総合政策課長、14年官房秘書課長、17年総括審議官。埼玉県出身、55歳。 ◆製造産業局長 井上宏司氏(いのうえ・こうじ)84年(昭59)東大法卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。11年官房審議官、12年資源エネルギー庁次長、14年地域経済産業審議官、15年産業技術環境局長、16年農林水産省食料産業局長。大分県出身。 ◆商務情報政策局長 西山圭太氏(にしやま・けいた)85年(昭60)東大法卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。07年経済産業政策局産業構造課長、09年産業革新機構執行役員企画調整室長、12年官房審議官(経済社会政策担当)、14年原子力損害賠償支援機構連絡調整室次長兼東京電力取締役。神奈川県出身、55歳。 ◆資源エネルギー庁長官 高橋泰三氏(たかはし・たいぞう)85年(昭60)東大法卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。05年製造産業局産業機械課長、13年資源エネルギー庁電力・ガス事業部長、14年資源エネルギー庁次長、16年官房長。東京都出身。 ◆文部科学審議官 山脇良雄氏(やまわき・よしお)84年(昭59)東大院工修了、同年科学技術庁(現文科省)入庁。05年北大教授、12年官房審議官、14年国際統括官、16年内閣府政策統括官。兵庫県出身。 ◆科学技術・学術政策局長 松尾泰樹氏(まつお・ひろき)87年(昭62)東大院理修了、同年科学技術庁(現文科省)入庁。16年官房審議官。青森県出身。 ◆官房総括審議官 生川浩史氏(いくかわ・ひろし)86年(昭61)東大院工修了、同年科学技術庁(現文科省)入庁。15年官房審議官、16年内閣府官房審議官。大阪府出身、57歳。 <次のページ、総務・農水・国交・外務・厚労・防衛・環境・復興> ◆総務審議官 渡辺克也氏(わたなべ・かつや)84年(昭59)慶大工卒、同年郵政省(現総務省)入省。13年官房審議官(情報流通行政局担当)、15年総合通信基盤局電波部長、17年総合通信基盤局長。東京都出身。 ◆総合通信基盤局長 谷脇康彦氏(たにわき・やすひこ)84年(昭59)一橋大経卒、同年郵政省(現総務省)入省。13年内閣官房内閣審議官、16年総務省情報通信国際戦略局長、17年政策統括官(情報セキュリティ担当)。愛媛県出身。 ◆国際戦略局長 吉田真人氏(よしだ・まびと)85年(昭60)京大法卒、同年郵政省(現総務省)入省。14年総合通信基盤局電気通信事業部長、15年官房審議官(情報流通行政局担当)、17年官房総括審議官(情報通信担当)。大阪府出身。 ◆行政管理局長 堀江宏之氏(ほりえ・ひろゆき)86年(昭61)東大法卒、同年総務庁(現総務省)入庁。16年官房審議官(行政管理局担当)、17年財務省官房審議官(官房担当)を併任。鹿児島県出身。 ◆事務次官 末松広行氏(すえまつ・ひろゆき)83年(昭58)東大法卒、同年農林水産省入省。14年関東農政局長、15年農村振興局長、16年経済産業省産業技術環境局長。埼玉県出身、59歳。 ◆林野庁長官 牧元幸司氏(まきもと・こうじ)85年(昭60)東大法卒、同年農林水産省入省。14年林野庁林政部長、16年内閣官房内閣審議官、17年林野庁次長。東京都出身、55歳。 ◆食料産業局長 新井ゆたか氏(あらい・ゆたか)87年(昭62)東大法卒、同年農林水産省入省。15年山梨県副知事、17年官房輸出促進審議官。埼玉県出身、55歳。 ◆農村振興局長 室本隆司氏(むろもと・たかし)82年(昭57)京大農卒、同年農林水産省入省。13年農村振興局整備部長、15年同局次長。大阪府出身、58歳。 ◆政策統括官 天羽隆氏(あもう・たかし)86年(昭61)東大法卒、同年農林水産省入省。15年生産局農産部長、17年官房総括審議官。徳島県出身、56歳。 ◆事務次官 森昌文氏(もり・まさふみ)81年(昭56)東大工卒、同年建設省(現国土交通省)入省。14年近畿地方整備局長、15年道路局長、16年技監。奈良県出身。 ◆技監 菊地身智雄氏(きくち・みちお)85年(昭60)東北大院工修了、同年運輸省(現国土交通省)入省。14年官房技術参事官(港湾局担当)、15年港湾局長。宮城県出身、57歳。 ◆国土交通審議官 藤田耕三氏(ふじた・こうぞう)82年(昭57)東大法卒、同年運輸省(現国土交通省)入省。16年総合政策局長、17年官房長。大分県出身、58歳。 ◆国土交通審議官 由木文彦氏(ゆき・ふみひこ)83年(昭58)東大法卒、同年建設省(現国土交通省)入省。15年住宅局長、17年総合政策局長。島根県出身、57歳。 ◆国土交通審議官 篠原康弘氏(しのはら・やすひろ)83年(昭58)東大法卒、同年運輸省(現国土交通省)入省。15年総合政策局次長、17年国際統括官。宮崎県出身、58歳。 ◆官房長 藤井直樹氏(ふじい・なおき)83年(昭58)東大法卒、同年運輸省(現国土交通省)入省。15年自動車局長、17年鉄道局長。岡山県出身、57歳。 ◆総合政策局長 栗田卓也氏(くりた・たくや)84年(昭59)京大法卒、同年建設省(現国土交通省)入省。15年都市局長。大阪府出身、56歳。 ◆国土政策局長 麦島健志氏(むぎしま・たけし)84年(昭59)東大法卒、同年建設省(現国土交通省)入省。16年官房審議官(総合政策局担当)、17年官房総括監察官。神奈川県出身、58歳。 ◆住宅局長 石田優氏(いしだ・まさる)86年(昭61)東大法卒、同年建設省(現国土交通省)入省。15年官房審議官(住宅局担当)、17年官房総括審議官。京都府出身、56歳。 ◆鉄道局長 蒲生篤実氏(がもう・あつみ)85年(昭60)東大法卒、同年運輸省(現国土交通省)入省。16年官房総括審議官、17年海事局長。福島県出身、57歳。 ◆海事局長 水嶋智氏(みずしま・さとる)86年(昭61)東大法卒、同年運輸省(現国土交通省)入省。16年鉄道局次長、17年観光庁次長。京都府出身、55歳。 ◆観光庁長官 田端浩氏(たばた・ひろし)81年(昭56)東大法卒、同年運輸省(現国土交通省)入省。15年官房長、16年国土交通審議官。愛知県出身、61歳。 ◆経済局長 山上信吾氏(やまがみ・しんご)84年(昭59)東大法卒、同年外務省入省。13年官房審議官兼国際法局、14年官房審議官兼総合外交政策局(大使)、アジア大洋州局南部アジア部などを経て17年国際情報統括官。東京都出身。 ◆領事局長 垂秀夫氏(たるみ・ひでお)85年(昭60)京大法卒、同年外務省入省。15年官房審議官兼アジア大洋州局、同局南部アジア部、16年日本台湾交流協会台北事務所。大阪府出身。 ◆国際情報統括官 小沢仁氏(おざわ・ひとし)84年(昭59)早大政経卒。85年外務省入省。15年1月内閣事務官兼内閣官房TPP政府対策本部兼内閣官房2020年オリンピック・パラリンピック東京大会推進室参事官、同年12月駐ロシア公使、17年駐ロシア特命全権公使。東京都出身。 ◆事務次官 鈴木俊彦氏(すずき・としひこ)83年(昭58)東大法卒、同年厚生省(現厚生労働省)入省。14年厚労省社会・援護局長、15年年金局長、17年保険局長。愛知県出身、58歳。 ◆厚生労働審議官 宮川晃氏(みやかわ・あきら)83年(昭58)東大法卒、同年厚生省(現厚生労働省)入省。14年職業能力開発局長、16年官房総括審議官(国会担当)、17年雇用環境・均等局長。東京都出身、58歳。 ◆官房長 定塚由美子氏(じょうづか・ゆみこ)84年(昭59)東大法卒、同年労働省(現厚生労働省)入省。14年内閣官房内閣審議官、16年厚労省社会・援護局長。埼玉県出身、56歳。 ◆医政局長 吉田学氏(よしだ・まなぶ)84年(昭59)京大法卒、同年厚生省(現厚生労働省)入省。14年官房審議官、16年雇用均等・児童家庭局長、17年子ども家庭局長。愛知県出身、56歳。 ◆労働基準局長 坂口卓氏(さかぐち・たかし)85年(昭60)阪大法卒、同年労働省(現厚生労働省)入省。16年官房審議官、17年官房総括審議官(国会担当)。京都府出身、55歳。 ◆職業安定局長 土屋喜久氏(つちや・よしひさ)85年(昭60)東大法卒、同年労働省(現厚生労働省)入省。15年官房審議官。群馬県出身、55歳。 ◆保険局長 樽見英樹氏(たるみ・ひでき)83年(昭58)東大法卒、同年厚生省(現厚生労働省)入省。13年官房年金管理審議官、15年官房審議官、16年官房長。千葉県出身、58歳。 ◆官房総括審議官 土生栄二氏(はぶ・えいじ)86年(昭61)東大法卒、同年厚生省(現厚生労働省)入省。15年内閣官房内閣審議官、17年内閣官房内閣総務官室内閣総務官。福岡県出身、56歳。 ◆事務次官 高橋憲一氏(たかはし・けんいち)83年(昭58)早大法卒、同年防衛庁(現防衛省)入庁。15年防衛省統合幕僚監部総括官、16年整備計画局長、17年官房長。兵庫県出身、60歳。 ◆防衛装備庁長官 深山延暁氏(みやま・のぶあき)83年(昭58)東大経卒、同年防衛庁(現防衛省)入庁。11年官房審議官、14年運用企画局長、15年人事教育局長、16年地方協力局長。千葉県出身、60歳。 ◆官房長 武田博史氏(たけだ・ひろふみ)84年(昭59)慶大法卒、85年防衛庁(現防衛省)入庁。12年沖縄防衛局長、14年官房審議官、17年人事教育局長。東京都出身、57歳。 ◆防衛政策局長 槌道明宏氏(つちみち・あきひろ)85年(昭60)東大法卒、同年防衛庁(現防衛省)入庁。12年九州防衛局長、15年内閣官房内閣審議官、17年防衛省官房審議官。東京都出身、58歳。 ◆人事教育局長 岡真臣氏(おか・まさみ)86年(昭61)東大法卒、同年防衛庁(現防衛省)入庁。14年岐阜県警察本部長、16年防衛省防衛政策局次長。岡山県出身、54歳。 ◆防衛書記官(地方協力局長) 中村吉利氏(なかむら・よしとし)85年(昭60)北大経卒、同年防衛庁(現防衛省)入庁。12年東北防衛局長、16年防衛装備庁装備政策部長。東京都出身、58歳。 ◆水・大気環境局長 田中聡志氏(たなか・さとし)85年(昭60)京大法卒、同年環境庁(現環境省)入庁。13年官房審議官、16年大臣官房付(地球環境戦略研究機関)。東京都出身。 ◆自然環境局長 正田寛氏(しょうだ・ゆたか)86年(昭61)東大法卒、同年建設省(現国土交通省)入省。14年環境省会計課長、16年官房審議官。広島県出身、55歳。 ◆環境再生・資源循環局長 山本昌宏氏(やまもと・よしひろ)85年(昭60)京大工卒、同年厚生省(現厚生労働省)入省。17年環境省環境再生・資源循環局次長。兵庫県出身、55歳。 ◆事務次官 鈴木俊彦氏(すずき・としひこ)83年(昭58)東大法卒、同年厚生省(現厚生労働省)入省。14年厚労省社会・援護局長、15年年金局長、17年保険局長。愛知県出身、58歳。 ◆統括官 末宗徹郎氏(すえむね・てつろう)83年(昭58)東大法卒、同年自治省(現総務省)入省。16年内閣府地方創生推進事務局審議官、同年内閣官房内閣審議官。千葉県出身、59歳。 ◆統括官 小山智氏(こやま・さとる)86年(昭61)東大法卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。15年日本貿易保険理事、17年特許庁総務部長。埼玉県出身、56歳。 ※年齢は各省庁発令日

続きを読む

関連する記事はこちら

特集