4大学で教員生活、早稲田新総長は中期計画をどう見直すか

田中愛治、11月5日に就任予定

早稲田大学総長に就任する田中愛治氏

 早稲田大学総長に就任する田中愛治氏は日米で学び教員生活も4大学と多彩な経歴だ。母校に戻ってからは教務(教育の事務)一筋で理事、また国際学会会長を務めた。「構成員も多様な本学で、総長は向かう先を一致させる旗振り役だ。優れた研究、教育、社会貢献を強く連動させて社会と関わる」と強調する。中長期計画「早稲田ビジョン150」は6年目、目標数値が一人歩きしがちで「本来の理念で優先順位を付け直す」とする。  昨年、留学生が6割を占める英語での政治学コースで同大「ティーチングアワード」を受賞した。「丁寧さが10%上下するだけで、受講生の反応が変わる」と再認識し、中堅教員が主対象の同賞受賞にてらいがない。スポーツはスキーや学生時代の空手など。近年は観戦中心だが、これからは早大トップとして応援に熱が入るケースが増えそうだ。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集