若年層に人気、中古住宅+リノベの市場は今後3年で5割近く増える

富士経済が傾向を調査

リノベーション住宅のイメージ

 富士経済(東京都中央区、清口正夫社長、03・3664・5811)は、国内の住宅ビジネスの傾向を調査した。今後の成長が見込まれるのは、不動産仲介とリフォーム・フルリノベーションをセットで行う「買い取り再販住宅市場」。2020年度の同市場は、17年度比45・7%増の3万5700戸を予測する。  買い取り再販住宅とは、不動産仲介とリフォーム・フルリノベーションをセットで行っている住宅のこと。中古住宅の流通戸数は増加しており、近年では、集合住宅の中古物件の流通が活発化している。中でも、中古住宅を買い取って、原状回復リフォームや機能向上リフォームを実施した住宅を再販するケースが増えている。水回りや内装を中心に部分的なリフォームから、フルスケルトン状態にして給配水管も含めて行うリノベーションまでと幅広く行う。  これらのリフォームやリノベーションを施すことで、比較的に安価で新築に近い仕様の住宅を購入できる。こうした背景から、一次取得層の購入や独身世帯やシニア層の住み替えなどのニーズで、今後の拡大を予想する。  富士経済では、住宅ビジネス全体の市場拡大のポイントとして、新築やリフォームなど関連ビジネスの一元的な提供や、住生活サービスの拡充などを挙げる。新築住宅販売やリフォームなどそれぞれ独立するのではなく、総合的に提供できる体制を整えて、顧客との接点を長く深く維持することが重要だとしている。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集