私大は自ら連携・統合を考えていくべきだ!

日本私立大学連盟が提言

 日本私立大学連盟(私大連、鎌田薫会長=早稲田大学総長)は、私大の連携・統合は地域ニーズと教育の多様性を重視して、自らが主体的に進めるべきだとする提言をまとめた。政府の指導や公費により、経営難の私大を合併したり公立化したりする方策が優先ではない、としている。私大連が再編についての方針を明らかにしたのは初めて。  今回まとめた提言「未来を先導する私立大学の将来像」では大学間連携に向けて、私大それぞれの特色や重要な役割を把握し、地域の学部・学科の重複を避けたすみ分けが重要だとしている。  人材育成の多様性が存在意義である私大において、国が思案する類型化はなじまないとみる。その上で国立、公立、私立を超えて単位互換や教員を共有する仕組みなど進め、規模効果(スケールメリット)と学生の選択肢増で多様性をさらに向上させる。この方向性の中で、私大自らが連携・統合を考えていくべきだと強調している。  私大連の加盟は都市部・大規模大学が中心だが、経営難に直面する地方・中小規模大学を含め、同提言を私大自らの姿勢として位置付けようとしている。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集