技術者派遣最大手メイテック執行役員が語る「生涯エンジニア」という生き方

日本のモノづくり支える「宝」

矢部哲也氏

 ―次代の派遣エンジニアに求めるものは。  「お客さまの課題に自前の技術で対応できる多様性だ。多様性を持てば、粘り強く解答を探し続ける行動ができ、顧客から信頼を得られる。我々も多彩なカリキュラムを用意して支援するが、自身の努力も不可欠。技術力と人間力を併せ持った総合力を高める姿勢が必要だ」  ―採用方針は。  「新卒でも中途でも共通して見極めているのが、『自分を高める力』や『ニーズに応える力』など人間力の高さだ。当社のエンジニアは、ニーズ以上のアウトプットを提供することが求められる。この考えに共鳴でき、向上心の高い人を探し続けている」  ―定年までエンジニアとして勤め上げる人が多いですが、会社の支援策は。  「勉強会やエンジニアのキャリアアップを支援するマネージャー活動を制度化している。エンジニアの働く場所は普段バラバラで、一堂に集まる機会がない。そこで定期的に集える場所を用意し、切磋琢磨(せっさたくま)している」  「エンジニアの最適配置も念頭に置いている。リーマン・ショック以降、ニーズの変化や技術開発のスピードが激しくなったが、それらに対応するのがプロのエンジニア。配置転換で意図的に変化をつけることで、お客さまとエンジニア双方が成長できる環境を共有している」  ―今後は何に取り組みますか。  「エンジニアとしての可能性が高い人を大量に採用するため、セミナーや説明会の回数を増やす。エンジニアが増えれば、モノづくりの活性化につながる。モノづくり力を高める“国の宝”であり、エンジニアの派遣を通じて、日本のモノづくりをより強くする」  (聞き手=山田諒)

続きを読む

特集