【再生エネ後進国・日本#03】1兆円の経済波及効果も、規制に阻まれる風力

潜在的な経済価値を認めゾーニングなどの採用を

 世界でもっとも導入量が多い再生可能エネルギーが風力発電だ。海外の専門誌「ウインドパワーマンスリー」によると全世界の導入は5億キロワットに達した。これは日本の全発電設備の1・7倍に相当する。  日本の風力の導入量は330万キロワット。出遅れた理由の一つが規制だ。建設前に環境影響評価(アセスメント)が必要なため開発に3―5年かかり、大手企業以外は投資意欲が沸きにくい。  電力系統への接続も問題だ。一部の送電網では、再生エネの電気を受け入れる容量がなくなった。国は解決策として「コネクト&マネージ」の導入を議論している。コネクト&マネージとは再生エネの接続を優先し、管理で電力需給を調整する欧州流の系統運用ルールだ。  ―開発期間の長さが普及の足かせと指摘されています。  「どうしたら環境アセスを短縮できるのか、提言していきたい。現状は1万キロワット以上が対象なので、風車を3、4本建てるとアセスが必要となる。業界としても自主アセス指針を作った。開発期間半減を目指したい」  ―洋上風力への期待は大きいですが、設置が進んでいません。  「海外では政府が建設地を指定し、住民など利害関係者と調整するゾーニングが行われている。民間は建設から入るので開発期間が短い。日本でも採用してもらいたい」  ―風力の発電コストは約14円(1キロワット時)。協会は2030年までに現状の世界平均の8―9円を目指しています。  「量産化効果である程度まで下げられる。量を増やすために政府には明確で野心的な目標を示してほしい。30年の見通しが1000万キロワットでは、事業者や金融が『日本に風力の市場あり』と思って投資してくれない」  ―量産以外のコスト低減方法は。  「技術革新だ。羽根の直径を長くする大型化は、発電を増やせるので発電コスト低減に効く。適切な保守による長寿命化や故障の防止も有効だ。IoTやAI利用によって保守費も下げられる」  ―電力系統への接続問題の解決は。  「系統運用にコネクト&マネージを採用してほしい。国でも議論が始まっており、我々と方向性が合っている。最新の風車は遠隔から出力調整ができる機能がある。コネクト&マネージに向いており、導入量を増やせる」 【記者の目】  日本風力発電協会は30年に3620万キロワットの導入が可能とする。30年時点で1兆円の経済波及効果、7万人以上の雇用創出を見込む。定期的に発生する交換部品の製造拠点が地域にできれば、地方創生にも寄与する。国には、潜在的な経済価値も含めて風力の導入拡大を議論してほしい。 (松木喬)

続きを読む

関連する記事はこちら

特集