石油化学大手、ドローンで工場の設備点検

老朽化進みメンテナンス負担の増大が課題

経産省も化学工場のスマート保安を推進する(出光興産の千葉工場)

 石油化学大手は化学工場の設備点検にドローン(飛行ロボット)を活用する。旭化成は2019年の定期修理に合わせて導入する。出光興産はベンチャー企業と組んで実証試験を実施した。熟練作業者が減少傾向にあるほか、高所の点検は危険な作業があり、ドローンの活用余地は大きい。経済産業省も17年度からIoT(モノのインターネット)やビッグデータ(大量データ)の活用に積極的な事業所の認定制度を始めるなど、化学工場のスマート保安を推進している。  旭化成は水島製造所(岡山県倉敷市)の定期修理時にドローンを活用する。高さ100メートル超の自家発電の煙突など高所で、設備外観の診断に使う計画。高所作業に必要な足場が不要でコスト削減につながる。  出光興産は自律制御システム研究所(千葉市美浜区)と共同で、千葉工場(千葉県市原市)でドローンのデモ飛行を行った。フレアー設備(廃ガス燃焼設備)を高さ25メートルで撮影し、検査適用の可否を調査。今後、実運用に向けた実証試験を検討する。  三菱ケミカルも水島事業所(岡山県倉敷市)で、ドローンにより蒸留塔の外観を確認できるかを試験した。実用性のある鮮明な画像を得られており、他事業所でもドローン活用を検討する。  日本では航空法により、ドローンを人口集中地区で飛ばす際には国土交通省の許可が必要だ。危険物を多く扱う化学工場内での飛行承認には、通常より許可が下りるのに時間がかかるとされる。現状は敷地外の道路で試験飛行するケースもあり、本格導入には解決すべき課題が残る。  一方で全国の石化工場は老朽化が進み、メンテナンス負担の増大が大きな経営課題だ。政府の規制緩和などの動向も注視しつつ、各社はプラントの安心・安全操業に向けて先端技術を活用する。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集