NEWSWITCH Members - 記者・編集者

加藤年紀
KATO TOSHIKI

加藤年紀(かとうとしき) (株)ホルグ代表取締役。2007年、株式会社LIFULLに入社。2012年、同社インドネシア子会社「PT.LIFULL MEDIA INDONESIA」のCOO/取締役を務める。子会社の立ち上げを行い、4年半ジャカルタに駐在。同社在籍中の2016年7月に、地方自治体を応援するウェブメディア「Heroes of Local Government(HOLG.jp)」をリリース。2016年9月に同社退社後、同年11月に株式会社ホルグを設立。  2017年から「地方公務員が本当にすごい! と思う地方公務員アワード」を主催。2019年からは「地方公務員オンラインサロン」を運営。forbesjapan.comオフィシャル・コラムニストとして「地方公務員イノベーター列伝」を連載。「ダイヤモンドオンライン」「日経xTECH」などで執筆。三芳町魅力あるまちづくり戦略会議政策アドバイザー(H30)。ニュースイッチ社外ファシリテーター。著書「なぜ、彼らは『お役所仕事』を変えられたのか?――常識・前例・慣習を打破する仕事術」。

健康長寿社会や観光立国のカギは自転車にあり

新潟・三条で“溶接女子”増えてます!契機は職業能力開発校の女性指導員

コインチェック、再開初日で401億円出金も「事業継続の意思ある」

「我々は成長を持続する」(孫正義)

万博誘致やリニア中央・北陸両新幹線…どうなる今後の大阪

名古屋市が産ロボ導入人材育成 来年度にIoT講座、中小でシステム構築

女性起業家に贈るトレンドの掴み方

起業後進国・ニッポン、高校までに“ベンチャースピリット”を育む教育を

東京都が働き方改革を宣言、公務員・行政がその見本を

北海道江別市民の健康データ活用、食事メニュー助言のアプリに

どうなる東京湾埋め立て地問題。江東区「合理的」、大田区は反発

かげりゆく地方創生、一方で成功の芽も。カギは民活?

日本のブロックチェーンはどこから広まる?

事業承継問題放置でGDP22兆円損失−中小企業庁試算

資源を持たない日本の重要な切り札、インフラ輸出と経済外交

求む!大企業のOBたち。プロの経営人材が事業承継を担う

地価上昇の裏で止まらぬ空き家率。どうなる日本の土地利用

海外の工場長が鬱にならないために、信頼できる弁護士を!

ベトナムから群馬に熱視線 副大臣、群馬訪問